タンタン-ソピエトへ

Bonjour !

ご存知の方も多いでしょうが、タンタンの冒険というマンガがあります。
ベルギーの漫画家エルジュの作品ですが、全24巻のシリーズです。
主人公の少年記者タンタンとお伴の白い犬ミルーが世界のいろんな国に派遣され、そこで事件に巻き込まれ、無事に切り抜けてベルギーに戻るというお話です。
このシリーズは世界50カ国以上の言葉に翻訳され、売上が2億8000万部という人気マンガです。ドラゴンボールはこれを上回りますから、これもすごいですが。

このシリーズの第1作が「Tintin au pays des Soviets(タンタン ソビエトへ)」という1930年出版の本ですが、この作品だけがこれまでずっと白黒のままでした。日本では2005年にこの白黒版の翻訳が福音書館から出版されています。
ところが、この90年近くずっと白黒であった本がなぜか、2017年1月11日にカラー版となって発行されたのです。ソビエトの1917年の革命の100周年を記念してのカラー出版だと書かれていますね。

著作権法からすると、こういう変更は問題あるのではないかと気になりますが、どうなのでしょうか。フランスでも賛否両論はあるようです。ベルギーでの著作権の保護期間は著作者の死後70年ということは、エルジェの没年1983年の70年後に著作権がなくなりますから、2017年はまだ死後34年ということで、普通なら著作物は著作権によって保護されるはずです。

それはさておき、そういう珍しい話題性のある本というのでざっと読んでみました。
ソビエト連邦という国もなくなった現在、ソ連という国がどんな描き方をされているのか興味ありますね。

あらすじは、タンタンがソ連の取材に派遣され、その道中でいろんな危険に出会って、お伴のミルーと助け合いながら危険を乗り越え、無事にベルギーに戻ります。その冒険たるや、まるで不死身の人間みたいに危機一発で助かるというマンガらしい筋書きです。

これを取り上げたのは、オリジナルがフランス語だからで、マンガのフランス語の会話がどれだけ分かるか興味がありました。
吹き出しの中の文字が手書き風なのが、分かりづらくて苦労します。後のシリーズは文字が少し読みやすいかもしれないです。

フランスのロワール川の古城の1つに、シュベルニー城(Château de Cheverny)というのがあります。
この城は「タンタンのお城」と言われていますが、それはエルジェが「タンタンの冒険旅行」シリーズで、シュベルニー城をモデルにムーランサール城を描いたからだそうです。最初にこのお城が出てくるシリーズは、Le Secret de La Licorne(ユニコーン号の秘密)だそうです。ロワールの古城めぐりに入っていることが多いお城ですから、行く機会のある方には何かの参考になるかもしれませんね。

Le Figaroのカラー版の記事

http://www.lefigaro.fr/bd/2017/01/11/03014-20170111ARTFIG00009-dossier-les-secrets-hauts-en-couleur-de-tintin-au-pays-des-soviets.php

A la prochaine !

次の仏大統領は?

Bonjour !

フランス大統領候補のメランション氏、演説がとてもうまいですね。
それにいわゆる圧倒的なカリスマ性の持ち主です。
政治は嫌いなんですが、その演説を聞いているだけで、吸い込まれます。
フランス語がとても分かりやすく、ゆっくりで、分かりやすいのです。
9日のマルセイユの演説の様子を見ましたが、その演説には人を惹きつける力強さがあります。
メンフィスで暗殺されたキング牧師も演説が上手でしたが、あんな感じです。
65歳という年には見えない、その政治的パッションには驚きます。
この人の主張は知りませんが、その演説力だけで、リーダーの素質あるかもです。
ついでに6区のリパブリック広場での演説も見ましたが、集まった群集の人数に圧倒されます。
Youtubeにたくさん演説がありますので、聞いてみてください。フランス語の勉強にもなります。
いまの混沌とした動乱の時期を乗り切るには、こういう人が必要かもしれないですね。
投票権はないですが、次期大統領にはこのメランション氏に一票です。

Mélenchon - L'homme qui avançait à contre courant - Documentaire
メランション - 逆流に進む男 - ドキュメンタリ

https://www.youtube.com/watch?v=9oDZiX2W5zM

A la prochaine !

Bataille de Vimy (ウ゛ィミーリッジの戦い)百周年

Bonjour !

この第一次大戦の激戦地、Bataille de Vimy がこの4月9日で百周年を迎えるというニュースがありました。
1917年4月9日ですから、知らない人々がほとんどです。

この式典に、イギリスのチャールズ皇太子と王子、カナダのトルドー首相、フランスのオランド大統領が参列し、三カ国の国旗が翻り、墓石がずらっと列んだ墓地が映されています。カナダの3598名の兵士の犠牲の下に、カナダの建国の礎が築かれたそうです。
あまり詳しく調べていませんので、簡単ですがこれくらいで。

France 2のニュースから

http://www.francetvinfo.fr/societe/guerre-de-14-18/bataille-de-vimy-francois-hollande-et-justin-trudeau-ont-rendu-hommage-aux-soldats-canadiens_2137929.html

A la prochiane !

フランス大統領選挙

Bonjour !

世界各地でテロ攻撃が起きている中、フランスでは大統領選挙が近づいています。
政治の話は避けたいのですが、目下これが注目のニュースとなっていますので簡単にまとめます。

まず大統領選挙の日程から。

■4月23日(日) 第一回投票  8時から18時まで(大都市では20時まで)(大都市では翌4時)
第1回投票の正式な結果は憲法院が公表

■5月7日(日) 第二回投票  8時から18時まで(大都市では20時まで)(大都市では翌4時)
速報は終了後12時間以内に発表されると思われます。

■5月11日(木)憲法院は最終結果を正式公表し、新大統領の選出を宣言

ということで、第一回投票が2週間後にせまり、各候補の選挙演説活動がさかんです。

大統領候補は次のとおりです。

フランソワ・フィヨン氏     右派の共和党、ル・マン出身、63歳
エマニュエル・マクロン氏    中道・無党派、 アミアン出身、39歳、前経済相
ジャン=リュック・メランション氏 左翼戦線、 モロッコのタンジェ出身、65歳
マリーヌ・ルペン氏      極右「国民戦線」党首、ヌイイ=シュル=セーヌ出身、48歳
ブノワ・アモン氏       与党社会党、 サン・ルナン出身、49歳、前国民教育相

アメリカのケネディ大統領は43歳で大統領になりましたが、フランスの次期大統領は若返るのか、
老け込むのか、どうなるでしょうか。今後の成り行きを静に見ていきたいと思います。

A la prochaine !






Fessenheim原子力発電所

Bonjour !

原子力大国のフランスで、1977年に商業運転を開始したFessenheim原子力発電所の閉鎖を巡るニュースです。
オランド大統領が2012年に、2017年末までには閉鎖すると約束し、2016年月にはドイツから閉鎖を要求されているにも関わらず、6日のEDFの Conseil d'administration(理事会)での多数決投票にて、続行が決まったそうです。この理事会は18名で構成され、6名が国の代表、6名が労働者側の代表、6名が外部の重役です。国の代表は投票することができず、労働者の代表は発電所の850人と他の1200人の労働者の仕事を守るために閉鎖に反対し、残る6名のうち1名はEDFのPDGで、この6名の投票が2倍に計算されるため、閉鎖の反対票は最低でも8票、賛成票は少なくても8票となります。今回は多数決で閉鎖に反対が決まったということは、この外部の重役のうち閉鎖反対が2名以上いたわけです。資本の83,10%が国家所有ということは、ほぼ国有会社みたいなもので、国がすべて方針を決定できそうに思えますが、そうでもないようです。

労働者側はこの決定に対して、大喜びの様子です。閉鎖されれば失業しますから当然です。ただ、そういう理由のみで老朽化した原子力発電所を維持し続けると、失業よりももっと大きな問題が起こりえます。この発電所はドイツ国境との近くにあり、スイスにも近く、2014年に事故が起きているので、国境近くのドイツ住民が不安感をもっているそうです。どこの国でも、原子力発電所の閉鎖というのは正反対の利害が絡まっていますが、原子力に関してはひとたび大事故が起きると、その影響の広さと長さは計りしれないものです。労働者の失業に対しては、別の仕事を斡旋するとか、何らかの対策をとればすみますが、事故によって国土が破壊されたら、放射性元素というのは半減期が途方もなく長いものがあり、後々の子孫にまで影響が及びます。まず人間は、そういう放射能をもつ元素を何らかの方法で放射能をもたない元素に分解するというような技術を確立したほうがいいのではないでしょうか。

続報によると、環境大臣のロワイヤル氏が、大統領の5年任期が満了する前に、デクレ(décret)を出して、
発電所の閉鎖を確実に行うと述べたそうです。大統領の選挙公約でしたら、やはり何があっても守りたいというところですね。このデクレとは、大統領が出す命令のようですね。 

EDFとは
Electricité de France(EDF)。国有企業のフランス電力公社を前身とする民間のフランス電力会社。もともと国有だったのが、2004年に民間のフランス電力株式会社(名称はEDFのまま)になった。

PDGとは
président-directeur généralのことで、英語でCEO(最高経営責任者)に相当する。

France 2のビデオより

http://www.francetvinfo.fr/economie/industrie/fessenheim-la-fermeture-de-la-centrale-repoussee_2133363.html

Bon week-end
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター