スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2022年までにグリホサート禁止

Bonjour !

世界で最も販売量の多いグリホサート使用の除草剤(ラウンドアップで知られている)が、フランスで2022年までに使用禁止されることにりました。発がん性があることから、フランス国民の健康を守るために、それまでに安全な代替製品を開発するということです。いろいろ話題のあったラウンドアップ、やはり真っ先に禁止されるのは欧州でした。アメリカのモンサント開発の製品ですから、日本ではどうなるのか、今後の成行に注目です。

関連するニュースでは、4月にフランスの都市部/田園地域に住む8歳から60歳の男女30名の尿検査で全員から平均1.25ng/mlのグリホサートを検出。29人がEUの水質基準0.1ng/mlを超えていたという結果が発表されました。
使用された除草剤が農産物に残り、そうした農産物を食べた消費者の体内に循環しているということですね。尿として体外に排出されるから問題ないのか、体の他の部分に取り込まれるのか、気になりますね。

下記の記事の見出しで、l'exécutif s'emmêle les pinceaux という表現が使われています。
文字通りに意味を取ると、絵筆をもつれさせる、ということですが、これでは意味が通じません。
少し調べてみると、この表現は絵を描くこととは関係がなく、pinceauxの代わりにles pieds または les jambesを使っても同じことで、つまり足をもつれさせる、さらには混乱して説明にまごつく、説明にしどろもどろになる、という意味だそうです。
このグリホサートの禁止をめぐって、政府の高官の間にいろいろ混乱があったようです。

詳しくは Le Parisienの記事を
http://www.leparisien.fr/politique/interdiction-du-glyphosate-le-gouvernement-s-emmele-les-pinceaux-25-09-2017-7285554.php

A la prochaine !

自動運転バスNavya Arma

Bonjour !

18日、東京都港区の芝公園で自動運転バスの実証実験が行われました。
そのバスNavya Armaがフランス製ということで、このバスの実用化の話題を探ってみました。

まずはパリ市内での実証実験の例です。
RATPが今年1月23日からリヨン駅とオ-ステルリッツ駅の間で、 この自動運転バスを無料で走らせています。すでにリヨンをはじめ世界の主要都市いくつかでテスト走行ずみだそうです。 これは最高時速25キロ、12人乗りの100%電気自動車です。
実証実験が日本、オランダ、シンガポール、ドバイで行われたとあります。気になる値段は書かれていません。

RTLニュースから
http://www.rtl.fr/actu/societe-faits-divers/paris-la-mairie-teste-des-navettes-electriques-et-sans-chauffeur-7786881093

次は3月17日から6台の自動運転バスが導入されたEDFのシヴォー原子力発電所の敷地内
このNavya Armaは最高時速45キロ、15人乗り、バッテリ持続時間は5~10時間、値段は22万ユーロ(約3百万)です。
広告のビデオが面白く、背景に原子力発電の冷却塔が見えます。電気会社ですから、いいPRになりますね。

POSITIVRのニュースから
https://positivr.fr/navya-arma-navette-electrique-autonome-edf/

次はアメリカはミシガン大学のノース・キャンパスでの実用化例です。
この秋からサービスを開始するとありますから、もうすぐです。
2台のバスには不可視レーザ装置とGPS、カメラ、Wifiが装備され、走行時のデータ収集が行われます。

ミシガン大学のニュースから
http://ns.umich.edu/new/multimedia/videos/24923-driverless-shuttle-service-coming-to-u-m-s-north-campus

Bon week-end !


リリアンヌ・ベタンクールさん死去

Bonjour !

21日、世界一金持ちの女性、リリアンヌ・ベタンクールさんが94才で亡くなられたそうです。
世界最大の化粧品会社ロレアルの創業者ウージェンヌ・シュエレールの一人娘として生まれ、父親の死後は会社の株式を相続し、経営にも関与しました。最近では、ベタンクール事件がメディアを賑わせていました。その推定資産約400億ドル(約4兆5千億円)ということですが、化粧品の売上だけで、こんなに利益が出るものかと驚きます。ロレアルの化粧品、使ったことがないので、何とも言えません。
ザ・ボディショップもこのロレアルのブランドでした。また、日本ロレアルが新宿にあります。
ロレアルは( L’Oreal) と書きますが、Lは定冠詞ですから、Orealは何という意味なんでしようね。
ちょっと調べましたが、これは創業者のウージェンヌ・シュエレールさんが開発した染毛剤をAureoleと名づけたことに由来するそうです。Aureoleとは、後光、背光、輪光とありますが、この製品を使うと髪がきれいに染まるというようなニュアンスですか。
このAureoleがOrealと簡単になったわけです。
それにしても、すごい化粧品会社です。この遺産は誰が相続するのか気になりますね。
配偶者はすでに死去、一人娘がいますが、裁判で争うほどの不仲だということで、果たしてどうなるか。

Le Figaroのニュースから
http://www.lefigaro.fr/societes/2017/09/21/20005-20170921ARTFIG00243-liliane-bettencourt-est-decedee.php

Bon week-end !

APLとISFの引き下げ

Bonjour !

仏政府は22日、APL(アーペーエル)の引き下げを発表しました。
10月1日から世帯につき月額で5ユーロの減額、つまり約600円/月、約7000円/年の引き下げです。
その一方で、資産階級に課せられるISF(連帯富裕税)も引き下げられます。

"Baisse des APL perçues par les plus modestes et réduction de l’ISF payé par les plus riches. C’est révoltant"
「最下層の人々に支払われるAPLの引下げと最も富裕な人々が払うISFの引下げ、ムカツクー」という感じですか。

ニュースを読んでいると、APLやISFといった頭文字語がよく出てきます。ビデオの発音も、アーペーエル、イーエスエフと読まれ、ええこれいったいなに?となってしまいます。ニュースでも日常の会話でも、こういう頭文字語がやたらと多いのです。それでまず内容が分かるためには、こういう語の意味をきちんと押さえておく必要があります。

まずAPLとは、L'aide personnalisée au logement (個別住宅支援費)ということで、家賃または住宅ローンの補助制度です。かなり複雑なので簡単に言えば、これまで所得の低い人々が受けていた住居費の補助が減らされるということです。

いっぽう、ISFとはL'impôt de solidarité sur la fortune(連帯富裕税)で、不動産を含めた130万ユーロ(約1億5000万円)以上の課税資産総額を持つ世帯に課せられる資産税のことです。まあ自分には関係ないですが、どういう税率なのか興味を惹かれたので、調べてみました。

下記のサイトにISFのとても詳しい説明がありましたので、紹介させて頂きます。
制度について詳しいのですが、2006年の記事なので、データの数値が古く、数値については変更されているかも。

https://www.paris-fp.com/column250806/

持っている階級への課税を減らせば、必然的に持たざる階級への支援を減らす必要が出てきますから、
これは金持ち優遇策と呼ぶべきものでしょうか。いずこも同じなんですね。

フランスのニュース、こういう3文字の頭文字語がやたらと多いのです。住んでいれば何度も出てくるから自然と覚えるでしょうけどね。SNF(エスエヌエフ)とかTGV(テージェーヴェー)は、旅行者であっても、いやでも覚えますよね。

France 2 のニュースから

http://www.francetvinfo.fr/economie/budget/reduction-des-apl-vague-de-mecontentement_2296897.html

A la prochaine !

欧州の列車の時間の正確さ

Bonjour !

日本人は時間に正確だということで有名ですが、欧州諸国と比べて、やはり本当みたいです。

フランスの列車はよく遅れるということですが、これは本当でしょうか? ということで、欧州の列車の時間の正確さを比べています。
それによると、フランスの列車は全体として時間には正確で、遅れが5分以内の列車の割合が89.4%だそうです。フランスよりも正確なのはドイツで94%、イタリアとベルギーは86%でフランスよりも下位にきます。

そして、世界一はやはり日本で、98%だそうです。
"À signaler les champions du monde toute catégorie : les japonais qui arborent un taux de 98% de ponctualité"
確かに日本の列車やバスは一般に時刻通りに発車・到着しますが、ひとたび人身事故があると何時間も遅れてしまいます。
この2%というのは、こういう事故による遅れかもしれないですね。
日本人のこの時間に対する突出した几帳面さは、いったい何に由来するのでしょうか?

France 2のニュースより

http://www.francetvinfo.fr/economie/transports/retards-la-ponctualite-des-trains-en-europe_2287912.html

A la prochaine !





プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。