Fessenheim原子力発電所

Bonjour !

原子力大国のフランスで、1977年に商業運転を開始したFessenheim原子力発電所の閉鎖を巡るニュースです。
オランド大統領が2012年に、2017年末までには閉鎖すると約束し、2016年月にはドイツから閉鎖を要求されているにも関わらず、6日のEDFの Conseil d'administration(理事会)での多数決投票にて、続行が決まったそうです。この理事会は18名で構成され、6名が国の代表、6名が労働者側の代表、6名が外部の重役です。国の代表は投票することができず、労働者の代表は発電所の850人と他の1200人の労働者の仕事を守るために閉鎖に反対し、残る6名のうち1名はEDFのPDGで、この6名の投票が2倍に計算されるため、閉鎖の反対票は最低でも8票、賛成票は少なくても8票となります。今回は多数決で閉鎖に反対が決まったということは、この外部の重役のうち閉鎖反対が2名以上いたわけです。資本の83,10%が国家所有ということは、ほぼ国有会社みたいなもので、国がすべて方針を決定できそうに思えますが、そうでもないようです。

労働者側はこの決定に対して、大喜びの様子です。閉鎖されれば失業しますから当然です。ただ、そういう理由のみで老朽化した原子力発電所を維持し続けると、失業よりももっと大きな問題が起こりえます。この発電所はドイツ国境との近くにあり、スイスにも近く、2014年に事故が起きているので、国境近くのドイツ住民が不安感をもっているそうです。どこの国でも、原子力発電所の閉鎖というのは正反対の利害が絡まっていますが、原子力に関してはひとたび大事故が起きると、その影響の広さと長さは計りしれないものです。労働者の失業に対しては、別の仕事を斡旋するとか、何らかの対策をとればすみますが、事故によって国土が破壊されたら、放射性元素というのは半減期が途方もなく長いものがあり、後々の子孫にまで影響が及びます。まず人間は、そういう放射能をもつ元素を何らかの方法で放射能をもたない元素に分解するというような技術を確立したほうがいいのではないでしょうか。

続報によると、環境大臣のロワイヤル氏が、大統領の5年任期が満了する前に、デクレ(décret)を出して、
発電所の閉鎖を確実に行うと述べたそうです。大統領の選挙公約でしたら、やはり何があっても守りたいというところですね。このデクレとは、大統領が出す命令のようですね。 

EDFとは
Electricité de France(EDF)。国有企業のフランス電力公社を前身とする民間のフランス電力会社。もともと国有だったのが、2004年に民間のフランス電力株式会社(名称はEDFのまま)になった。

PDGとは
président-directeur généralのことで、英語でCEO(最高経営責任者)に相当する。

France 2のビデオより

http://www.francetvinfo.fr/economie/industrie/fessenheim-la-fermeture-de-la-centrale-repoussee_2133363.html

Bon week-end

祖母の日(la Fête des Grand-Mères)

Bonjour !

3月3日のひな祭りも過ぎ、3月の第一日曜はフランスでは、祖母の日(la Fête des Grand-Mères)だそうです。
祖母の日は1987年に決められましたが、これはコーヒー会社Café Grand'Mèreが始めたもので、同社は創立20年に際してその売上を増やすそうという完全に商業的な目論見があったということです。祖母の日とは、初耳でした。
これが3月3日と一致したら、祖母と孫が一緒にお祝いできて便利ですね。
商業的な起源から、だんだんと一般に定着して、この日はカードにお祝いの言葉を書いて、花束などの贈物につけて、おばあさんに贈るみたいですが、コーヒーを贈る人もいるのか、ちょっと分かりません。

今年は同社は、若者が使う言葉をお年寄りの言葉に翻訳するというオンライン辞書を作成したそうです。
面白そうなので、時間があるときに試してみます。

https://www.grandmereconnect.fr/translate

祖母の日の起源についてのTF1の記事

http://www.lci.fr/societe/fete-des-grands-meres-2017-date-dimanche-5-mars-mais-d-ou-vient-la-fete-des-grands-meres-2027770.html

この祖母の日というのは母の日とちょっと重複するんじゃないかと書かれています。
祖母というのは母でもありますから、2回もお祝いされることになるからです。

Bon dimanche !

レンヌでの治験での死亡事故

Bonjour !

昨年1月に起きた治験での死亡に興味を引かれたので、やや古いですが取り上げます。
これはレンヌのBiotrialという治験センターが実施した鎮痛薬の分子標的薬(BIA 10-2474)-- fatty acid amide hydrolase (FAAH) inhibitors--の第1相試験で、1人が脳死になり1月17日に死亡、5人に重大な神経障害がおきたという事故です。この治験薬は、ポルトガルのBialという製薬会社がフランスのBiotrialに依頼したものです。第1相試験といいますから、実験動物での前臨床試験のあとに健康な成人に対して行われる段階です。動物と人間とでは効果が違いますから、人間では初めての試験となり、それなりのリスクは伴うものと推測されますが、これほどのリスクを伴うものかと疑問になって詳しく読みました。投薬後に気分が悪くなったり、不調があったときは、いつでも傍に看護師か医師がいて適切な措置が取られ、場合によっては治験参加の中止もできるはずですからね。

フランスではこの事故を重大視し、ANSM(医薬品安全庁)によってCSST(事故調査委員会)が設けられ、4月19日に調査結果をまとめた報告書が提出されました。
それによると、「治験された薬は欧州の基準に照らし合わせて、それほどリスクの大きいものではありえなかったし、ポルトガル側から提出されたデータには有毒性について、人間に対する投与に関して懸念がもたれるものではなかった」ということです。
この治験の実施を認可したことに責任があるのか、それとも治験を実施したセンターに責任があるのか、専門的なデータの解釈も必要になりますから、なかなか難しい問題です。
治験では投与量を徐々に増やしていきますが、脳死が起きたのも投与量が50mgに増量された段階で、それより少ない投与量でもいろいろと副作用が出ていたようです。CSSTは結論としてこの点を、« Mode de progression trop brutal »と表現しています。投与量の増量の過程が急激すぎたという意味です。

調査報告についてのLe Mondeの記事

http://www.lemonde.fr/sante/article/2016/04/19/essai-clinique-a-rennes-la-mort-d-un-volontaire-est-clairement-liee-a-la-molecule-testee_4905071_1651302.html

1年後のBiotrialの再建努力

http://www.20minutes.fr/rennes/1995387-20170116-essai-clinique-rennes-an-apres-biotrial-peine-relever

死亡した方についての記事

http://www.lejdd.fr/Societe/Sante/Essai-clinique-Guillaume-cobaye-mort-pour-1-900-euros-769703

最後に米国FDAのBIA 10-2474についての見解

http://www.fda.gov/Drugs/DrugSafety/ucm482740.htm

余談ですが、かの有名なパスツールがブラジルの皇帝宛に書いた手紙で、死刑執行前日に囚人に狂犬病ワクチンの被験者となるか、死刑執行かの選択肢を与えるのはどうかと提案しているんですね。なかなか興味深い逸話です。この結果はどうなったのか、さらに調べないと分かりません。

Bon week-end !

5日後に救助された3匹の子犬

Bonjour !

寒さが続く毎日、少し明るいニュースです。

イタリアで雪崩で埋まったホテルから、5日ぶりに3匹の子犬が救助されたそうです。

5日間、何も食べずに寒さの中を生きていたのです。

子犬の生命力というのは、強いですね。

3匹の子犬の写真

http://www.qclife.style/lifestyle/ces-trois-chiots-ont-ete-sauve-des-degats-d-une-avalanche-en-italie

Ces trois chiots ont été sauvés des dégâts d'une avalanche en Italie!

この3匹の子犬は、イタリアで雪崩の瓦礫の中から救出された !

A la prochaine !

邦人サーファー、奇跡の救助

Bonjour !

朝からこのニュース、よく助かったものだと驚くばかりです。

この日本人はシドニーの南の海岸でサーフィンをしていて離岸流に流され、戻ろうとしたものの流れが強く、そのままボードにつかまって、16時間も漂流したのち、沖から6キロの地点で貨物船に発見され、救助されたそうです。ラッキーだと書いていますが、いろいろ幸運な要素が重なったにせよ、やはり本人の精神力の強さではないでしょうか。海水の温度は21度だったにしても、16時間も漂流していれば体温は低下するし、眠くなってボードから落ちるとか、他の人も書いてるようにサメに襲われるとか、船に発見されない可能性もあるし、ボードが目立つ黄色だったというのも、本人の選択であるし、ともかく奇跡的な生還といえます。

フランス語でのニュース

http://www.surf-report.com/news/derive-mer-courant-surfeur-japonais-11895.html


A la prochaine !

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター