映画「裏切りの戦場 葬られた誓い(L'Ordre et la Morale)」

Bonjour !

昨日の続きで、フランス領ニューカレドニアのウベア島の独立の戦いの映画で、邦題が「裏切りの戦場 葬られた誓い」、
原題が"L'Ordre et la Morale"、海外では2011年公開、日本でも2012年に公開されていました。

1988年4月、フランス国内では現職のミッテラン大統領とシラク首相が激突する大統領選挙が近づいていました。そんな中、ウベア島の原住民カナック族のうちの独立過激派がフランス憲兵隊の宿舎を襲い、4名を死亡させ、憲兵隊員26人と裁判官1人を人質に洞窟に立てこもったという事件です。国家憲兵隊治安部隊(GIGN)のリーダーだったフィリップ・ルゴルジュがこの問題解決の交渉に任命され、部下50名とともに現地に飛びます。ところが、現地では精鋭300名を率いる陸軍が幅を利かせ、ルゴルジュは彼らの指揮下に入ることを余儀なくされます。平和的な解決を望んでいたルゴルジュですが、5月5日に襲撃がおき、この事件は悲惨な結末を向かえます。ル・クレジオの本では、この結末が簡単に記されていて、カナック族の19人が殺害されたとあります。ルゴルジュはその顛末を記した手記"La Morale et l'Action"を、1990年に発表します。1998年、監督のマチュー・カソヴィッツは、人権連盟の発表したウベア事件の報告書を読み、映画化を決意したのです。

映画からそれますが、この独立事件の後、独立派のリーダーだったジャン・マリー・チバウ(Jean-Marie Tjibaou)が、6月26日フランス政府との間でマティニョン協定を結び、北部州を中心にカナックが多く居住する地域に経済援助を増大することやカナックの文化を尊重し促進することが規定されましたが、1989年この協定の反対派に暗殺されてしまいます。この独立のリーダーを記念して建造されたのが首都ヌメアにあるチバウ文化センターです。イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏設計のこの建物、カナック族の家カーズを模した近代的な建物ですが、周囲の自然によく調和した素晴らしい建物です。

映画ですが、シナリオの電子版が500円弱でGoogleで販売されています。
サンプルが全体の4分の1ほど無料で読めますので、それを読みました。余裕のある方は購入して、全部読むと、さらに理解が深まると思います。

「天国に一番近い島」ことウベア島で、こんな事件があったことを知らずにいましたが、原住民と白人との対立というのは、今もどの程度あるのかと思ったりします。

A demain !



映画「Les malheurs de Sophie(ソフィーの不幸)」のヒロイン

Bonjour !

4月20日にフランスで公開される映画「Les malheurs de Sophie」で、主人公のソフィーを演じたCaroline Grantちゃんが、TF1の二ュースにゲスト出演していました。
これはセギュール伯爵夫人の同名の本「Les malherus de Sophie」(1858年)が映画化されたものですが、これまでアニメ化されたこともあり、子供向けの本としてロングセラーとなっています。1858年というと日本では江戸時代、安政5年、日米修好通商条約が結ばれた頃です。ずいぶん昔のような気がしますが、こんな時代に書かれた本が今も読み続けられているという息の長い本です。
さてこのカロリーヌちゃん、800人の少女のなかから選ばれたそうで、ソフィーの役にぴったりですね。
本のほうは、短い章に分かれていて、イタズラなソフィーが各章で、いろいろなハプニングを引き起こします。アニメのほうはYoutubeにあり、章ごとに30分弱のシリーズに分かれています。

http://lci.tf1.fr/jt-20h/videos/2016/les-malheurs-de-sophie-muriel-robin-et-caroline-grant-invitees-8733367.html

予告編(La bande-annonce)

https://www.youtube.com/watch?v=UQKYDWABi6U

Bon week-end !

本と映画「Un secret(ある秘密)」

Bonjour !

先日、図書館の本棚で、何か読みやすそうな本はないかと探していて、偶然に見つけたのが、この「ある秘密」という本でした。
高校生が選んだゴンクール賞に選ばれたという本で、作者は Philippe Grimbert、2004年刊行です。

最近読む本や、見る映画がなぜか1942年のあのドイツ占領下のフランスが多いのですが、これもそうでした。これは精神科医をしている作者の自伝的な小説だということです。主人公の一人っ子の虚弱な少年は、ある日のこと屋根裏部屋で、ぬいぐるみの犬を見つけてしまいます。かつては兄が存在していたことを知ります。その兄はいったいどうなったのか? やがて、その兄と母の過去が明らかにされていきます。あれから、もう70年もたった現在、こんな暗い過去が未だに強く心に刻まれているフランス人がいるのですね。

この本は映画化もされていました。少年の名はフランソワ、父親マクシムを演じるのがパトリック・ブリュエルです。
フランスでは2007年公開、日本では確か未公開となっています。
この映画はシナリオも販売されていますので、シナリオを一度よく読んで、それからシナリオを見ながら映画を見るといいですね。

映画「Un secret」

https://www.youtube.com/watch?v=7Cd0PD1AoK8

A demain !

映画「Tous Cobayes? (世界が食べられなくなる日)」

Bonjour !

2012年公開の映画ですが、これは絶対に見てほしいという映画です。
原題は「Tous Cobayes?」、私たちはみんなモルモットか?という意味で、邦題はまったくの意訳ですね。
内容は、遺伝子組み換えのトウモロコシと除草剤ラウンドアップとを長期間にわたってラットに与えた動物実験の結果です。
フランス語では遺伝子組み換え作物のことを、OGM(Organisme génétiquement modifié)といいますが、これが生物界にどういう影響を与えるかを、動物実験で明らかにしているドキュメンタリーです。
この動物実験を実施したのは、カーン大学の分子生物学教授のGilles-Eric Séralini氏で、2012年9月に「Tous Cobyaes?」という本が出版され、映画はこの本が元になっています。
映画の冒頭で広島の原爆の場面も出てきますが、これは原子力と遺伝子組み換えという2つの科学技術のもつ恐るべき破壊力を強調しています。食料不足を解決すると技術だと主張し、この遺伝子組み換え作物をどんどん増やそうとしている研究者も多いですが、その長期的な影響というものは未だに分かっていません。だから私たちはみんなモルモットのようなものだということです。
この映画はもう上映終了となり、一般の映画館では上映していませんが、たまに自主上映されることもあります。ここで紹介するのはYoutubeの映画です。残念ながら字幕なしのフランス語版ですが、英語のスクリプトは探せば見つかります。映像を見るだけでも意味を理解できる部分も多いので、ぜひご覧ください。

公式サイト

http://www.uplink.co.jp/sekatabe/intro.php

YoutubeのTous Cobayes?

https://www.youtube.com/watch?v=ipJuFMfE_6o

Bon week-end !

映画「ディオールと私(Dior et moi」

Bonjour !

今日は久しぶりに映画の話題です。
2014年にフランスで製作され、日本では昨年春に東京で公開され、いまも上映されています「ディオールと私」90分です。
映画の冒頭、パリのディオール本社が映し出され、4月9日付けでパリのディオールのアトリエに新しくアート・ディレクターとして就任してきたラフ・シモンズがアトリエ全員に紹介され、ラフ・シモンズが就任の挨拶をするのです。私はフランス語がまだ上手ではないのでと言うのです。確かに、よく分かるフランス語で挨拶を始めたあと、途中で英語に切り替えてしまいます。ベルギー出身だそうですから、フランス語圏ではないのか、生まれた場所を調べるとベルギーのNeerpeltとあり、ここはオランダ語圏でした。行った学校もオランダ語圏、そこでは他の言語を覚える機会はたぶあるんでしょうが、隣国の言葉より英語を選択するのでしょうね。ベルギーのように小さい国が複数の言語圏に分かれていることに、複雑な過去の歴史があったのだろうと考えてしまいます。
映画はこのラフ・シモンズが就任してから、その秋のパリ・コレクションに出す作品をわずか8週間で完成させねばならないという緊迫の日々を、そこで働く裏方の職人さんたちへのインタビューを混じえて構成されたドキュメンタリーです。もっとも古くから働いている人は、42年になるそうです。高卒で勤め始めたとして60才です。
このラフ・シモンズさん、この映画で話題を集めたあとほどなく、ディオールで3年半勤めたあと、昨年10月22日に辞任しました。

ディオールというオートクチュールを支えている多くの裏方さんの声を聞くことができます。

詳しくは公式サイトを

http://dior-and-i.com/

Bon week-end !

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター