フランス語を正確に書くための書き取り(ディクテ)

Bonjour !

今日はフランス語を書くという話題です。
フランス語は発音されない子音が多いため、耳から聞いて、正確に書き取るのはとても難しいです。仏検でも書き取りの試験がありますが、前もってディクテの練習をしておかないと、発音されないeやsがたいてい抜け落ちてしまいます。文法的にここは複数だ、これは女性形だと理解して、eやsを付け加える必要があります。私も過去に仏検のためにディクテのCDでかなり書き取りを練習したことがあります。そのときに使用したのは、RAYMAN Dictées というWindows XP用のCDで、年齢別、レベル別にCDがあります。フランスの学齢は、CE1、CE2、CM1、CM2という記号で表されます。これは、次のようになります。
CP(cours préparatoire、準備科)1学年目(5〜7歳)
CE1(cours élémentaire1、初級科1)2学年目(6〜8歳)
CE2(cours élémentaire2、初級科2)3学年目(7〜9歳)
CM1(cours moyen1、中級科1)4学年目(8〜10歳)
CM2(cours moyen2、中級科2)5学年目(9〜11歳)
ここまでが小学校で、中学校はコレージュで4年間、6e、5e、4e、3eと書き表され、sixième,cinquième, quatrième, troisièmeのことです。日本人がディクテを始めるときは、幼稚園レベルのCPから始めます。
RAYMANのCDはまだ保存していますので、ご希望がありましたら、Windows XPでこのディクテをすることもできます。
このRAYMAN Dictées CDは日本ではたぶん入手できないと思いますが、Amazon.frではまだ販売されています。Widows XPマシンもこうしたディクテ用としてまだまだ十分に活用できます。
書き取りもまた、一気には上達しません。日本語の漢字の書き取りのように、毎日少しずつ練習する必要があります。
無料でディクテをできるサイトがありましたので紹介しておきます。自分にあったレベルから始めることが大切です。

http://www.ladictee.fr/

A demain !



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター