鉄道紀行でスイスの都市を訪問

Bonjour !

火曜日はサークルの日でした。Martineちゃんの絵本、飛ぶようになくなりました。
ご希望がありましたら、また注文することにします。

昨夜は夜8時からはBS-TBSの鉄道紀行-スイスを見ましたが、ジュネーブ空港で働く日本人女性のお宅を訪問した後、ローザンヌ、スイスのチョコレート列車が走るモントルーからグリュイエールでした。どの都市もフランス語圏で、インタビューされた人々はほぼフランス語を話していましたが、国際的なスイスだけあってイギリスやアメリカからの観光客もいましたね。こういう番組を見て、フランス語が話せたらいいなあ、と感じた方はいないでしょうか?
スイスの公用語は、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の四つ。これに公用語ではない英語もありますから、あの小国で最低5カ国語は話されているわけです。そして日本人は日本語も話すわけで6カ国語になります。国民の約64%がドイツ語、約20%がフランス語、約7%がイタリア語、ロマンシュ語の人口は全人口の1%未満です。そして、スイスのフランス語は数え方が20進法ではなく10進法で、70がseptante、80がoctante、90がnonanteだそうです。このほうが覚えやすいですが、慣れないととまどいそうですね。

A demain !

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター