FC2ブログ

Bonjour Tristesse

Bonjour !

コートダジュールの町にちなんだ曲のついでに、コートダジュールというと思い出す小説があります。
フランソワーズ・サガン(Françoise Sagan、1935年6月21日 - 2004年9月24日)の『悲しみよこんにちは』(原題:Bonjour Tristesse)です。これは1954年、サガンが18歳のときに出叛されたという驚きの小説です。日本でもほぼ同時期に石原慎太郎氏の「太陽の季節」が発表されていますが、何とも驚くべき文才だと思います。サガンの「悲しみよこんにちは」は朝吹登水子さん翻訳の日本語版がありますが、私はどうしても原文で読みたかったので、PDF版を手に入れて読みました。
Bonjour Tristessという題名は、Paul Eluard (La vie immédiate)からの引用で、本の最初でこの詩が出てきます。
フランス語の勉強のために、そこだけ引用させて頂きます。

Adieu tristesse Bonjour tristesse
Tu es inscrite dans les lignes du plafond
Tu es inscrite dans les yeux que j’aime
Tu n’es pas tout à fait la misère
Car les livres les plus pauvres te dénoncent
Par un sourire
Bonjour tristesse
Amour des corps aimables
Puissance de l’amour
Dont l’amabilité surgit
Comme un monstre sans corps
Tête désappointée
Tristesse beau visage. Paul Eluard (La vie immédiate)

この小説はあまりにも有名ですから、あら筋など紹介するまでもないですが、このフランス的な感覚は1950年代の日本ではすんなり受け入れられたのかと思うほどフランス的です。現在ならば、それほど抵抗もなく、こういう関係もありでしょうか。
ともかく18歳でこういう小説を書けるということに、何度も驚くばかりです。

A la prochaine !
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター