FC2ブログ

ミツバチの警鐘

Bonjour!

日本をはじめ世界各国でミツバチの大量死が起きているそうです。
今日のニュースはフランスの養蜂家によるミツバチの大量死についてです。
フランスの養蜂家全国組合には、フランス各地の養蜂家からミツバチの異常な大量死を報じる電話がかかってきているそうです。その死亡率は50%から場合によっては全滅ということです。
2017-2018の冬はいつもより長期であったこと、気象条件、農薬など、原因として考えられるものの、その原因ははっきりと特定されていません。ただ1つだけ確かなことは、環境中の至る所に存在する化学物質の汚染がミツバチに影響を及ぼしているということです。
フランスでは養蜂家のデモも行われています。
日本での状況はどうなのでしょうか?
まずミツバチがいなくなって、そして次に何がいなくなって、あの「沈黙の春」が思い出されます。

米ハーバード大学は、ネオニコチノイド系農薬を蜜蜂に与えると、冬に「蜂群崩壊症候群(CCD)」によく似た現象が起こることを実験で突き止めた、ということです。除草剤のグリホサートも怖いですけど、まだ他にこんな農薬もあるんですね。

詳しくはFrance Bleuの記事を

https://www.francebleu.fr/infos/climat-environnement/mortalites-d-abeilles-henri-clement-apiculteur-professionnel-en-lozere-tire-la-sonnette-d-alarme-1525188789

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター