FC2ブログ

あさがくるまえに(Réparer les vivants)

Bonjour !

晴耕雨読に近づきつつある毎日、雨がふると時間ができます。
久しぶりの雨音がするほどの雨で、少しは水が溜まってくれれば水やりが楽になります。

今日の映画は、フランスで2016年11月公開、カテル・キレヴェレ監督、日本では昨年9月公開、いまもどこかで上映中の「あさがくるまえに(Réparer les vivants)」です。この記事を書くために作日、Youtubeでフランス語版を見ましたが、やはり会話は早いですね。何とか粗筋だけは理解できました。日本語版の映画では、歌手の秦基博の名曲『朝が来る前に』とのスペシャルコラボが実現し、映画に使われています。歌のほうは2010年発表ですから、映画とは関係なく作られたものですね。
まずフランス語の題名ですが、vivantは「生きる」という動詞vivreの現在分詞で「生きている」という意味で、形容詞として使われます。この形容詞に定冠詞lesがつくと、~する人々という意味になります。réparerは、修繕する、回復させる、という意味ですので、
「生きている人々を回復させる」というのが直訳です。
映画の原作は、フランス人作家Maylis de Kerangalの同名の本(2013年発表 281 p. Verticales出版)です。

内容はネタバレにならない範囲で書きますと、脳死判定された患者の臓器移植がテーマです。
フランス映画には安楽死など、とても重いテーマのものがありますが、これもその一つです。
ル・アーウ゛ルに住む17歳の少年シモンは友達二人と一緒にサーフィンに出かけます。サーフィンで事故に会ううのではなく、その帰り道に交通事故にあい、意識不明の昏睡状態となり、脳死判定されてしまいます。余計な話ですが、シートベルトをしていなかったそうです。意識を回復する可能性が低いとみた医師は、両親に臓器提供というものがあることを話します。もちろん両親はすぐに了承したわけではなく、熟慮したうえで臓器提供に応じます。そして、それぞれの臓器に対して、それを移植する人々が見つかります。
一方、パリで暮らす音楽家の女性クレアは重い心臓疾患を抱え、かかりつけの医師から臓器移植の登録をすすめられていました。
ということで、あとは映画を実際にご覧ください。

公式サイト

https://www.reallylikefilms.com/asakuru

A la prochaine !

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター