FC2ブログ

語学の息抜きに

こんにちは

何年か前まで、毎朝ウォーキングをしていましたが、目的があったほうがいいかと、数年前より畑を借りて、そこまで徒歩か自転車で行って、野菜づくりに手を染めています。それまで野菜など育てたことはゼロですから、それはもう失敗続きです。かつて訳した本で、福岡正信氏の「わら一本の革命」という本が紹介されていて、こういう農業の仕方もあるのだと感心しました。いわゆる自然農法と言われていますが、自然農法にもいろいろな流派があるようです。その本のことも覚えていたので、あまり手をかけず、自然の力を借りて、野菜を作れたらいいなぐらいで始めました。最初に借りたときは、何を植えたらいいか見当がつかなかったので、あるSNSで質問したり、知人に話をしたりしました。そして、まずミニトマトとシシトウ、トウガラシの苗を買って植えました。知人が、ナスの苗と赤シソと青シソの苗をくれたので、それも植えました。肥料なんて何をまいていいか分からず、何もしないでそのまま植えました。それでも、花が咲き、実がなりましたね。野菜というのは、こんな風にできるのかと納得しました。それから、いちおういろんな苗を植えましたが、どれもあまり成功とは言えないです。サツマイモ、ゴマ、オクラ、モロヘイヤ、ピーマン、ジャガイモ、ホウレンソウ、ズッキーニ、地這いキュウリ、ネギ、カボチャ、タマネギ、ダイコン、ハツカ大根、ブロッコリー、シュンギク、ノラボウナ、ニンジン、ニラ、ワケギ、ラッキョウ、アスパラガス、タマネギ、コマツナ、ニンニク、小豆、黒千石大豆、ローゼル、ハヤトウリ、ゴーヤ、食用ホウズキ、などなど。おかげで、雑草と野菜の芽の区別は何とかつくようになりました。自然農法をするなら、雑草と野菜との区別が分かることが重要です。雑草との共存をめざして、そこに野菜の芽が出てくるわけですから。今後は、もう少しまともな野菜を作ることが目標です。肥料が大事なのかと思いますが、肥料をやると害虫が増える気もします。昨年、初めて植えたタマネギ、害虫にはやられなかったです。球が小さいことが難点でしたが。ところが、町のタマネギ栽培教室で作った人は、6割くらいは害虫にやられたと言っていたので驚きました。肥料が害虫を惹きつけるのか、よく分かりませんが。私の畑は雑草だらけで、雑草も肥料にしたり、地表面の乾燥防止に、利用しています。今年はニンニクをたくさん植えたので、無事に収穫できたら、それで黒ニンニクを作りたいと思っていますが、植えるのが少し早すぎた感もあり、うまく収穫できるか、まったく自信なしです。
夏は猛暑と蚊に悩まされ、冬は寒さと北風で外に出たくなくなりますが、それでも気候条件のいい日を選んでは、少しずつ学びつつ、食べ物を作れるというのは、何というか、自然の恵みで生きれる、みたいな満足感があります。といっても、まだまだ買うほうが多いのですが。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター