黒田記念館

Bonjour !

東京国立博物館の正門前の道路を左にまっすぐ行くと、黒田記念館があります。
1階と2階はカフェ、2階に黒田清輝氏の作品の展示室があり、今回は特別室が公開されていました(11月12日まで)。
よく知られているあまりにも有名な読書と湖畔、舞妓が展示されていました。さらに、ヌード作品であるため、目にすることが少ない「智・感・情」という作品も展示されていました。これはパリ万博で銀賞を受賞した作品だそうです。

黒田清輝というと美術の教科書には必ず作品が出てきますが、詳しい経歴を知らなかったのですが、東京外国語学校を経て18才から10年間(1884年から1893年まで)渡仏、フランスに留学していたというから驚きです。明治のこの同時代人に夏目漱石がいますが、漱石もやはりロンドン留学していますが、それよりもずっと早い時期になります。漱石は1900年9月8日に横浜を出て10月21日にパリ着、28日にロンドン着ですから、この時代にフランスに渡るには44日、約1月半かかったのです。
今では13時間くらいですから、100年あまりの間の技術の進歩にも驚きます。

ここの常設室の作品が前回とは変わっていたので聞いたところ、6週間ごとに展示替えが行われるそうです。
作品にはフランスの印象派ですか、その影響が強く感じられますね。
今回は有名な読書を紹介しておきます。

読書

Bon week-end !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター