FC2ブログ

2022年までにグリホサート禁止

Bonjour !

世界で最も販売量の多いグリホサート使用の除草剤(ラウンドアップで知られている)が、フランスで2022年までに使用禁止されることにりました。発がん性があることから、フランス国民の健康を守るために、それまでに安全な代替製品を開発するということです。いろいろ話題のあったラウンドアップ、やはり真っ先に禁止されるのは欧州でした。アメリカのモンサント開発の製品ですから、日本ではどうなるのか、今後の成行に注目です。

関連するニュースでは、4月にフランスの都市部/田園地域に住む8歳から60歳の男女30名の尿検査で全員から平均1.25ng/mlのグリホサートを検出。29人がEUの水質基準0.1ng/mlを超えていたという結果が発表されました。
使用された除草剤が農産物に残り、そうした農産物を食べた消費者の体内に循環しているということですね。尿として体外に排出されるから問題ないのか、体の他の部分に取り込まれるのか、気になりますね。

下記の記事の見出しで、l'exécutif s'emmêle les pinceaux という表現が使われています。
文字通りに意味を取ると、絵筆をもつれさせる、ということですが、これでは意味が通じません。
少し調べてみると、この表現は絵を描くこととは関係がなく、pinceauxの代わりにles pieds または les jambesを使っても同じことで、つまり足をもつれさせる、さらには混乱して説明にまごつく、説明にしどろもどろになる、という意味だそうです。
このグリホサートの禁止をめぐって、政府の高官の間にいろいろ混乱があったようです。

詳しくは Le Parisienの記事を
http://www.leparisien.fr/politique/interdiction-du-glyphosate-le-gouvernement-s-emmele-les-pinceaux-25-09-2017-7285554.php

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

グリホサート使用の除草剤禁止

>世界で最も販売量の多いグリホサート使用の除草剤(ラウンドアップで知られている)が、フランスで2022年までに使用禁止されることにりました。

〇グリホサート使用の除草剤禁止とはさすがフランスですね。
 尿から、この除草剤が検出されるということは、野菜果実から体内に入るということでしょうか。
 なお、我が菜園では除草剤は使っておりません。
 草々
 

Re: グリホサート使用の除草剤禁止

レインボーさん、コメントありがとうございます。

食べた野菜果実から体内に吸収されるということでしょうね。
この検査結果について、あまり詳しく調べてないので、
これくらいしか言えませんが、また余裕のあるときに、もう少し
詳しく調べてみます。
日本は農薬大国だそうです。自分の菜園で農薬を使わない野菜を
収穫して、食べれるのは幸せですよ。
カテゴリの映画で、2016年1月22日に「世界が食べられなくなる日」
を紹介していますので、ご参考までにご覧ください。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター