フランス語の文法

Bonjour !

フランス語を外国語として学習するときは、やはり文法をきちんと頭に入れることが大事ですね。
簡単な日常会話くらいなら、文法を気にしないで、音を真似るだけで身につきますが、ニュースを聞いたり、本を読んだりするためには、文法が分かっていないと理解するのが難しいです。

20年ほど前、昔買った「異邦人」というフランス語のポケット文庫を再び読んでみようとして、文法が分からなくて、くじけてしまったことがあります。辞書で単語を引こうにも、動詞が活用形で出ているので、原形(フランス語では不定詞)が何なのか分からない、辞書を引けないという問題にぶつかったのです。「異邦人」は単純過去が使われず、現在形、半過去、複合過去、単純未来くらいしか出てきませんが、半過去の形で出ている動詞の意味を調べるには、その原形を辞書で調べる必要がありますから。今なら、インターネットに半過去の形を入れたら、原形がすぐに分かりますが、当時はそういう便利な方法がゼロでした。結局、この本を読むのは諦め、再度読むことになったのは、文法を一通り理解してからでした。最初は動詞の活用を覚えるのが気の遠くなるほど大変だと思えましたが、そのうち活用にはかなり規則性があることが分かり、その規則性を理解すれば、一見したほど複雑でもないと感じるようになりました。大変だという気持ちが、思ったより大したことないわ、という感じに変わることが、学習の上では大切です。まず、はじめに意識ありきです。

フランス語の文法については、動詞の活用が分かるBescherelleが手元にあると便利ですが、
文法の説明については下記のサイト(北鎌フランス語講座)がとても参考になりました。

http://class.kitakama-france.com/index.php?FrontPage

紙の本で文法書として買ったのは、「新・リュミエール フランス語文法参書」だけです。
アマゾンのマーケットプレースでの古本ですが、文法の入門書として、わかりやすいです。

こうした文法書でも不明なことは、いまではフランス語を使って検索すると、詳しい説明があったりします。

A la prochaine !








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター