シモーヌ・ヴェイユ氏の国葬とパンテオン入り

Bonjour !

5日のニュースでは、6月30日に亡くなられたシモーヌ・ヴェイユ氏(89歳)の国葬がアンヴァリッドで行われている様子がトップでした。こんな盛大な国葬をされるのは、いったいどんな人物なのかと興味をそそられました。パンテオンに埋葬される5人めの女性だそうです。図書館に著書があるか検索しましたが1冊も見つかりません。
16歳のときに一家がアウシュビッツ・ビルケナウの強制収容所に送られ、翌年1月に開放されるまでの10カ月をそこで過ごし、一家で生き残ったのは彼女自身と妹だけであったという悲惨な十代を送っています。
政治家としては保健相や欧州議会議員および議長を務め、人工妊娠中絶の合法化を推進するなど女性の権利を象徴する人物として知られ、著書として、 「シモーヌ・ヴェーユ回想録 20世紀フランス、欧州と運命をともにした女性政治家の半生」があります。同名の哲学者のシモーヌ・ヴェイユ氏の著作が多数ありますので、紛らわしいです。

このパンテオンに眠っている5人の女性とは一体誰なのか? そういう疑問をもったところ、ちょうど答えになる記事がありました。
この5人とは次のとおりです。
残念ながら、キュリー夫人しか知りません。 
他の女性はどういう人たちなのか、いずれ著作でも読んでみます。

Sophie Berthelot   le 7 avril 1907
Marie Curie     le 20 avril 1995
Germaine Tillion   le 27 mai 2015
Geneviève de Gaulle-Anthonioz   le 27 mai 2015
Simone Veil     le 5 juillet

Le Figaro の記事から
http://madame.lefigaro.fr/societe/photos-femmes-inhumees-au-pantheon-marie-curie-sophie-berthelot-030717-133084

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター