禁じられた遊び(Jeux interdits)

Bonjour !

今日の映画の話題は、1952年公開の「禁じられた遊び」です。

「禁じられた遊び」というと、映画は見ていなくても、ギターの主題曲だけは知っている人が多いのではないでしょうか。ギターを習いはじめたときに、まずこの曲が弾けるようになるのが目標だったりします。なんとか曲がりなりに弾くのは、わりあい簡単な曲だった気がします。

映画のほうは見ていなかったので、フランス映画だということで、シナリオを見つけ、それを読みました。
オリジナル版というのが、最初と最後に映画にはない部分が追加されているそうです。シナリオにもその部分がありました。
これも1940年代のナチス・ドイツが台頭した頃の戦争が背景となっています。

ときは1940年6月、ドイツ軍の爆撃機が上空に飛んでくるさなか、家財道具を積んだ馬車や車でパリから田舎に避難する人々の列が映ります。爆撃機からは人々の群れに次々と爆弾が投下され、主人公の5才のポーレットの両親もその中にいますが、一家はプジョー202に乗り、父親が運転席にすわり、発車しようとするのですが、エンジンがかかりません。後ろの車の人たちから怒鳴られ、堪忍袋の緒が切れた人々は、故障車を押して、車を道路の脇に退けようとしたので、車は路肩から下の草地に落ちてしまいます。ポーレットはまだ車の中にいる愛犬ジョックを助けるために、車に駆けつけます。犬を助けた後、ドイツの爆撃機が編隊をなし、次々と爆弾が投下され、人々は地に伏せて爆弾を逃れようとします。そんな中、ポーレットの愛犬ジョックが爆弾に驚いたのか、逃げてしまい、橋のほうへと走りさります。ポーレットは爆弾が落ちる中、愛犬を追いかけ、そのポーレットを両親が追いかけ、橋の真ん中で犬を捕まえるのですが、そこに爆弾が落ち、両親と犬がその犠牲となってしまいます。

一人生き残ったポーレットは死んだ犬を抱いて立ち尽くしていますが、通りがかった親切な人が荷車に乗せてくれます。ところが、隣に座っていた奥さんらしき女性が、ポーレットが抱いている死んだ犬を見て、それをポーレットから引き離し、下のほうの川に放り捨ててしまうのです。荷物が一杯ですから、少しでも軽くしたいのでしょう。ポーレットは川に落ちた犬が流れていくのをずっと目で追いかけていきます。荷車の二人が言い争いをしている隙に、ポーレットは荷車から降り、川岸に降り、流されていく犬を川岸沿いに追いかけていきます。犬が川岸の近くまで流れ着き、ようやくポーレットは死んだ愛犬を川から引き上げます。そして、死んだ愛犬を抱いたまま、あてもなく一人歩いていくのです。その近くに住んでいるドレ家の末っ子のミッシェルが牛の世話をしているのですが、そのうちの一頭の牛が川岸の方に逃げてしまいます。牛を追いかけていったミッシェルがポーレットを見つけ、二人の会話が始まります。
こうして戦争孤児となったポーレットはミッシェルに助けられ、ドレ家に引き取られます。

後は少し長くなり、ネタバレしますのでウィキペディアを

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E3%81%98%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%81%8A%E3%81%B3

映画Jeux Interdits

https://www.youtube.com/watch?v=I42IMiM2jo4

主題曲 Jeux interdits - Narciso Yepes -

https://www.youtube.com/watch?v=8DHElffraz0

禁じられた遊びの歌 Jeux interdits-Patrick Fiori

https://www.youtube.com/watch?v=9YqQym9AqVE

この映画、埼玉ピースミュージアムで6月11日(日)に13:30分から上映されますが、字幕なのか吹き替えなのかは分かりません。

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター