le vide sanitaire(防疫休舎?)

Bonjour !

日本でも全国的に鳥インフルエンザが広がっていますが、フランスでも同様です。
le vide sanitaireという法令の下に、カモの飼育・肥育業者が、4月17日より5月29日までカモを飼育できなくなりました。
飼育小屋をきれいに掃除し、消毒し、空っぽにしておかなければならないのです。このle vide sanitaire、衛生のために飼育小屋を空にしておくという意味ですが、定訳が見つからないので一時的に「防疫休舎」と訳してみました。
昨年12月に鳥インフルエンザが発生し、それから4カ月は休業状態となり、さらにこのle vide sanitaireが命じられ、大きな打撃となっています。フランスの1134の自治体にこの法令措置が命じられているそうで、かなり広範囲に及びますから、フォアグラがますます高くなりそうです。
昔は聞いたこともない病気が猛威をふるうようになりましたが、その原因は何なんでしょうか。

la grippe aviaire hautement pathogène  高病原性鳥インフルエンザ

le palmipède 水鳥、游禽類

au gavage  肥育して

canards gras  カモ

la chaux vive  生石灰  消石灰は、la chaux éteinte

éleveur-gaveur de canards gras カモの飼育肥育農家

canetons  les bébés canards

France 2のニュースより

http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/agriculture/grippe-aviaire-le-vide-sanitaire-impose-dans-plus-de-1-000-communes_2150102.html

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター