タンタン-ソピエトへ

Bonjour !

ご存知の方も多いでしょうが、タンタンの冒険というマンガがあります。
ベルギーの漫画家エルジュの作品ですが、全24巻のシリーズです。
主人公の少年記者タンタンとお伴の白い犬ミルーが世界のいろんな国に派遣され、そこで事件に巻き込まれ、無事に切り抜けてベルギーに戻るというお話です。
このシリーズは世界50カ国以上の言葉に翻訳され、売上が2億8000万部という人気マンガです。ドラゴンボールはこれを上回りますから、これもすごいですが。

このシリーズの第1作が「Tintin au pays des Soviets(タンタン ソビエトへ)」という1930年出版の本ですが、この作品だけがこれまでずっと白黒のままでした。日本では2005年にこの白黒版の翻訳が福音書館から出版されています。
ところが、この90年近くずっと白黒であった本がなぜか、2017年1月11日にカラー版となって発行されたのです。ソビエトの1917年の革命の100周年を記念してのカラー出版だと書かれていますね。

著作権法からすると、こういう変更は問題あるのではないかと気になりますが、どうなのでしょうか。フランスでも賛否両論はあるようです。ベルギーでの著作権の保護期間は著作者の死後70年ということは、エルジェの没年1983年の70年後に著作権がなくなりますから、2017年はまだ死後34年ということで、普通なら著作物は著作権によって保護されるはずです。

それはさておき、そういう珍しい話題性のある本というのでざっと読んでみました。
ソビエト連邦という国もなくなった現在、ソ連という国がどんな描き方をされているのか興味ありますね。

あらすじは、タンタンがソ連の取材に派遣され、その道中でいろんな危険に出会って、お伴のミルーと助け合いながら危険を乗り越え、無事にベルギーに戻ります。その冒険たるや、まるで不死身の人間みたいに危機一発で助かるというマンガらしい筋書きです。

これを取り上げたのは、オリジナルがフランス語だからで、マンガのフランス語の会話がどれだけ分かるか興味がありました。
吹き出しの中の文字が手書き風なのが、分かりづらくて苦労します。後のシリーズは文字が少し読みやすいかもしれないです。

フランスのロワール川の古城の1つに、シュベルニー城(Château de Cheverny)というのがあります。
この城は「タンタンのお城」と言われていますが、それはエルジェが「タンタンの冒険旅行」シリーズで、シュベルニー城をモデルにムーランサール城を描いたからだそうです。最初にこのお城が出てくるシリーズは、Le Secret de La Licorne(ユニコーン号の秘密)だそうです。ロワールの古城めぐりに入っていることが多いお城ですから、行く機会のある方には何かの参考になるかもしれませんね。

Le Figaroのカラー版の記事

http://www.lefigaro.fr/bd/2017/01/11/03014-20170111ARTFIG00009-dossier-les-secrets-hauts-en-couleur-de-tintin-au-pays-des-soviets.php

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター