フランソワーズ・ジルー"On ne peut pas être heureux tout le temps"

Bonjour !

やや古い本の紹介です。
特に話題になったわけでもないし、べストセラーになった本ではないですが、
タイトルに惹かれて買った本で、何回か読んでいる本です。
文体が気にいったのと、短い39章から構成されているので、読みやすいこともあります。
日本語には未翻訳のようですが、何回か読むうちに、分からなかった文も自然に分かるのです。

"On ne peut pas être heureux tout le temps"
par Françoise Giroud , 220ページ
出版日: 2001年1月 
出版社: Fayard, 4.55ユーロ

たとえば、こういう節がありますが、なるほどフランス語ではこういう風に言えばいいのかと、そのまま借用したくなります。
Quand j'avais vingt ans, je pensais que je n'atteindrais jamais cinquante ans, jamais. Cinquante ans, c'était comme la lune, une autre planète; je serais morte, à cet âge là !

インターネットの未来について書いている部分など、その先見の明には驚きます。
読んでいて、なぜか分からないのですが、何となく自分には読みやすいという本です。

A la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター