現在の歌手ZAZとRaphael

Bonjour !

昨日はお借りしたZAZ(ザーズ)のCD、モンマルトルからラブレターを聴きましたのでその話題を。
NHKラジオのフランス語会話を聴かれている方なら、ZAZのÉblouie par la nuitが以前、そのテーマ音楽として毎回流れてきたのをご存じかと思います。実は私もこのテーマ音楽でZAZを知りました。CDを聴いて発見したことが、CDに収録されている3曲があのRaphaël Harocheの作詞・作曲だということでした。Raphaelというと2005年にCaravaneで180万枚を売り上げ、一躍トップ・スターになった人です。Raphaelというと即このCaravaneしか思い浮かばなかったのですが、ZAZの曲を聴いて、作詞・作曲もする多才な歌手だということを再認識しました。その3曲というのが、La fée (妖精)、Éblouie par la nuit (眩しい夜)、Port Coton (ポール・コトン)です。ポール・コトンはなるほどRaphaelらしい曲で、自分ではこの曲が一番なじみやすいです。ZAZは1980年5月生まれの35才、Raphaelは1975年生まれの39才、ともに30代のフランスの若手歌手です。これまでサークルで取り上げたのは、60年代以前の古典ともいえるシャンソンがほとんどでしたが、こういう新しい歌も取り上げていきたいと思っています。

ZAZのÉblouie par la nuit

https://www.youtube.com/watch?v=KDcgOpUp2nc

ZAZのPort Coton

https://www.youtube.com/watch?v=yJrB7XDO_Rs

RaphaelのCaravane

https://www.youtube.com/watch?v=xHJoY0oSD_Y


A demain !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター