カナダも遺伝子組換えサケを認可

Bonjour !

遺伝子組換えサケ(le saumon transgenique)は昨年末、アメリカのFDAが認可しましたが、このたびカナダの保健省(Santé Canada)とカナダ食品検査庁( l'Agence canadienne d'inspection des aliments)も認可したそうです。このサケはAquaBounty Technologiesという企業が開発したもので、AquaAdvantageと名づけられていますが、このたび検査の最終段階を終え、すぐには市場に出回らないものの、1年半後たった頃には市場に出回るということです。遺伝子組換えの植物はすでに出回っていますが、動物ではこのサケが初めてです。サケにつける義務的な表示について、カナダの大臣は明言を避けているそうです。アメリカの場合は表示の義務はありません。このアクアアドバテージ(AquaAdvantage)は、プリンス・エドワード島の東端にあるベイ・フォーチュンという町にある工場で生産されているそうです。
このプリンス・エドワード島は、赤毛のアンという小説の舞台となったところで有名で、観光客も大ぜい訪れる場所です。皆さんもこの島に行く機会があったときは、赤毛のアンの家だけではなく、ついでにこの工場を見てくるのもいいかもしれません。たぶん、一般公開はされていないと思いますが。

詳細はICIラジオ・カナダの記事を

http://ici.radio-canada.ca/regions/atlantique/2016/05/19/016-saumon-genetiquement-modifie-sante-canada-acadie.shtml

A demain !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター