スズランの日(5月1日)の歌: スズランの咲く頃(Le temps du muguet)

Bonjour !

5月1日はメーデーですが、フランスではこの日は
スズランの日(Jour de muguet)であり、幸せをもたらすお守り(un porte-bonheur)としてスズランを大切な人に贈る習慣があるそうです。1日には町のあちこちでスズランの小さな花束を売る人がいるそうです。この期間にフランスを訪れる機会があったら、スズランの花束を買うといいですね。1束が2ユーロ前後だそうです。ただし、スズランの花は有毒なので、花を生けた水などには注意しましょう。
そこで今日は、皆さんにスズランの咲く頃(Le temps du muguet)を紹介します。歌手はフランシス・ルマルクです。

https://www.youtube.com/watch?v=ca4Z2TrNHQQ

LE TEMPS DU MUGUET

Il est revenu, le temps du muguet
Comme un vieil ami retrouvé
Il est revenu flâner le long des quais
Jusqu'au banc où je t'attendais
Et j'ai vu refleurir
L'éclat de ton sourire
Aujourd'hui plus beau que jamais

Le temps du muguet ne dure jamais
Plus longtemps que le mois de mai
Quand tous ses bouquets déjà seront fanés
Pour nous deux rien n'aura changé
Aussi belle qu'avant
Notre chanson d'amour
Chantera comme au premier jour

Il s'en est allé, le temps du muguet
Comme un vieil ami fatigué
Pour toute une année, pour se faire oublier
En partant il nous a laissé
Un peu de son printemps
Un peu de ses vingt ans
Pour s'aimer, pour s'aimer longtemps

この歌は1955年にロシアのVassili Soloviov-Sedoï(作曲)
と Mikhaïl Matoussovski(作詞)で、それが1959年にフランス
の Francis Lemarqueによってこの別の歌詞がつくられました。
日本では「モスクワの夜は更けて」という題で歌われました。

ではまた明日! A demain !

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター