ヴァンセンヌの森の地下に採石場が

Bonjour !

ひさしぶりのブログです。パソコンのキーボードが不調で、あまり書けません。

今日はパリの採石場の話題です。西欧というと石の文化ですが、建築に使用される石はどこで採石されたのかを調べているうちに、あのヴァンセンヌの森の地下に採石場があったという驚きのニュースです。パリの地下墓地としてカタコンべは有名ですが、ここは初耳でした。ヴァンセンヌというと、パリの中央を走っている黄色表示のメトロ1番線の最終駅にChâteau de Vincennesがあり、メトロで簡単に行くことができます。
このヴァンセンヌの森の地下にある採石場、18世紀から手つかずの状態だそうです。採石場の中に降りるには、20mのラセン階段を降りていきます。ここはカタコンベのように墓地ではなく、石灰岩の採石場で、ここの石がセーヌ河岸の建設に使用されたそうです。
パリ市内の真っ只中にこんな採石場の跡があるのは驚きです。採石場への入口は、動物園の少し南東にあり、メトロでは1番線よりは8番線のCharenton-Ecolesが近いですが、一般公開はされてないと思います。

http://www.metronews.fr/paris/les-carrieres-de-calcaire-visite-des-autres-catacombes-franciliennes/mnhB!a9ajenfQVMw/

À la prochaine !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター