白内障の点眼薬--開発編

Bonjour !

フランス語からはそれるのですが、再び白内障の薬についてです。先日、ラノステロールという物質で犬の白内障が治ったという論文を紹介したのですが、このラノステロールを利用して人間向けの白内障の新薬の開発するという企業が現われたのです。これまで治療法は手術しかないと、どの眼科医も断言していましたが、その常識をひっくり返す開発に乗り出すのは、アキュセラ・インク(本社:米国シアトル、会長、社長兼最高経営責任者:窪田良博士)です。「手術しかないと誰もが信じている間は、新薬の開発はされないと、思っていましたので、その思考パターンを打破する人が現われたのは、本当に画期的なことです。高齢化が進む今後、こういう企業が増えてくれると希望がもてます。何ごとも、できないと考えた瞬間、できなくなるのです。

アキュセラ、白内障の治療薬開発のニュース

https://zuuonline.com/archives/101066

http://www.irtimes.com/data/4589/pdf/movie_C01215073.pdf

A demain !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター