加工肉と赤身肉の発がん性をめぐる騒動

Bonjour !

数日前に、International Agency for Research on Cancer (IARC) が加工肉には発がん性あり、赤身肉はたぶん発がん性があるという報道がありました。それで心配した消費者と消費の落ち込みを心配する生産者にひと騒動が置きましたが、ことの沈静化をはかって世界保健機構が消費者を安心させるためのコミュニケを出したそうです。肉の消費をやめるように言っているのではなく、肉の消費を減らせば、腸ガンのリスクが減る可能性があると。まあ何でも適度に食べるのがいいと思います。イギリス人は毎日、ベーコン&エッグを食べますが、このガンの発生率が高いのか疑問になりました。WHOはフランス語ではOMSとなります。

詳しくは24 MATINSの記事を
http://www.24matins.fr/risque-de-cancer-loms-ne-demande-pas-darreter-de-manger-de-la-viande-rouge-245682

WHOが出したコミュニケ
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2015/processed-meat-cancer/en/

A demain !
スポンサーサイト

コメント

No title

加工肉や赤身肉に発がん性あると思いますが、添加物のほうにも問題があるかと思います。

Re: No title

発色剤の発がん性はよく知られていますが、赤身肉は添加物が加えられてないですから(添加されているかも)、
発がん物質が肉そのものにも含まれているのか、WHOの報告では不明です。世の中の食品には、添加物、保存剤、着色剤がたくさん使われていますから、原形に近い形で摂取するのがより安全です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター