モネ展によせてジヴェルニーのモネの家

Bonsoir !

いま開催されているモネ展によせて、フランスのジヴェルニー(Giverny)にあるモネの家についてです。ここはモネが1883年から1926年まで住んだ家です。まず行き方ですが、現地から日帰りツアーがたくさん出ていますが、電車で行くのもそんなに難しくはありません。まずメトロでサン・ラザール駅まで行き、そこで電車の切符を買います。窓口がいろいろあるのですが、les trains grandes lignesと大きく書いてある窓口に行きます。そこの窓口の人に、フランス語でJe voudrais aller a la maison de Monetと言うと、後はいろいろ聞かれ、それに答えて、何とかVernonまでの往復の2等の切符を買い、電光掲示板をよく見て、何番ホームからどこ行きに乗ればいいのかを確認し、電車が来たら2等車に乗ります。このためには切符を買うときの会話をよく練習しておくと役にたちます。窓口の人は英語も話せたと思います。Vernonまでは約50分です。駅から少し歩いた場所から、モネの家までシャトル・バスが出ています。この場所は分かりにくければ、近くの人に聞くと教えてくれます。バスから降りたら、みんなの後についていけばモネの家まで行けます。帰りのバスの時刻表をくれますから、その時刻にバスを降りた場所まで戻ります。帰りはVernonからParis行きの電車なので分かりやすいです。料金はたびたび改定されますので、最新の料金を調べる必要がありますが、電車とバスと入館料、けっこう高く、ツアーのほうがお得感がありますが、自分で小旅行するのは、フランス語の実践にはとてもいいです。

このモネの家、スイレンの池が有名ですが、それよりも日本の浮世絵のコレクションがすごいです。館内は撮影禁止なので、浮世絵はまったく写真に撮れませんが、モネがどうして日本の浮世絵に惹かれたのか、絵の素養がないので、よく分かりませんが、その膨大なコレクションには驚きます。というわけで、ここもモンサンミッシェルと並んで、日本人観光客がよく訪れる場所ですが、モンサンミッシェルとヴェルサイユほどは知られてないですね。

モネの家のサイト
http://fondation-monet.com/giverny/la-maison-de-monet

左のメニューでles estampes japonaises(日本の版画)をクリックすると浮世絵を見れます。

A demain !


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター