ミュージカル「Notre Dame de Paris」

Bonjour !

ヴィクトル・ユゴーの同名の小説に基づいたミュージカル「Notre Dame de Paris」がYoutubeにあったので見ました。これは嬉しいことに、フランス語の字幕をオンにすることができるんです。字幕をオンにし、歌を聞くと、ストーリーが何となく分かります。第1幕が28曲、第2幕が23曲、間に台詞がない歌ばかりのミュージカルです。ユゴーというと、レ・ミゼラブルのほうが有名ですね。子供の頃、紙芝居のおじさんが回ってきて、「ああ無情」の紙芝居を見たことがあります。駄菓子を5円で買うと、見ることができるんですね。フランダースの犬なども、紙芝居で見ました。レ・ミゼラブルもミュージカルになっていますが、これはまた見てから取り上げます。この「ノトル・ダム・ド・パリ」、最初の序曲に続く「カテドラルの時代」という歌は、フィギュアスケートの羽生選手が使った曲だそうです。歌っているのはグランゴワール役を演じているケベック出身のBruno Pelletier、荘厳でダイナミックな歌い方で、とてもいい声です。せむし男のカジモドを演じたGarouもやはりケベック出身、熱演してます。昨年のテレソンの歌「Petit garçon」を聞いて、いい歌だと思ったのですが、このせむし男の役で一躍有名になった人だそうです。小説のほうのNotre Dame de Parisの電子版をKindleに入れましたが、ところどころ解釈が難しく、日本語訳も探しましたが高くてちょっと手が届きません。最初の導入部分だけ無料サンプルを参考にします。

YoutubeのNotre Dame de Paris

https://www.youtube.com/watch?v=JeVq1gRDz9I

GarouのPetit garçon

https://www.youtube.com/watch?v=H39zrxZPs6k


A demain !

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター