コルク栓を抜かずにワインを飲める装置Coravin

Bonjour !

コルク栓を抜かずにワインを飲めるようにするというこのCoravinという装置、2013年に発売されて以来、全世界で100,000個が売れ、フランスでも150の店で販売されており、2016年には500店舗に増える見込みだそうです。ボン・マルシェやラファイエットのようなデパートでも販売されているとか。コルク栓を抜かずにワインを飲める、どういう仕組みなのか興味を惹かれ、読んでしまいました。コルクに針のようなものを差し込んで、ワインをそこから出し、できた空間には希ガスのアルゴンが注入され、酸化が防止されるようになっています。
ビデオではこの装置の使い方をデモしてくれます。2本のワインに普通のコルク抜きとこの装置の両方を使用して、グラスにワインを注ぎ、ワインの味に変わりがないことを強調しています。欠点はお値段がやや高め、フランスでは300ユーロで、アルゴン・ガスを交換するカプセルも必要だということで、かなり高くつきそうです。日本でも販売されているようです。

詳しくはLe Figaroの記事を

http://www.lefigaro.fr/societes/2015/09/11/20005-20150911ARTFIG00012-un-an-apres-son-lancement-coravin-poursuit-sa-route-en-france.php

Bon dimanche !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター