北部のサッカー・チームRC Lensの応援歌

Bonsoir !

フランス北部の強い訛りのある映画を紹介しましたが、この映画ではサッカーの場面も出てきて、有名な応援歌が歌われています。この場面にも、この北部の人々の誇りがよく表れています。サッカー・ファンならご存じでしょうが、この北部のランス(Lens)という都市にサッカーチーム、RC Lensがあります。そのサポーターたちがそのホーム・スタジアムであるスタッド・ボラール(Stade Bollaert)で試合のハーフタイムにいつも歌う応援歌があります。それが歌手ピエール・バシュレ(Pierre Bachelet)のLes Coronsなのです。どうして、この歌が歌われるのかは、歌詞を理解する必要がありますが、北部地方はかつては石炭を産出した炭鉱があり、les coronsというのは、炭鉱で働いていた人々の住宅のことです。

https://www.youtube.com/watch?v=F6MuCH0RU2c

https://www.youtube.com/watch?v=cXARMIQdIpM


A demain !
スポンサーサイト

コメント

No title

静かですが、いい応援歌ですね♪
歌詞を理解したいと思います。

Re: No title

歌詞は著作権の関係上、曲名 parolesでお調べください。
なかなか深い意味をもった曲で、サッカーとは関係ありません。
もともと応援歌ではないので、確かに応援歌のような賑やかさは
ないですね。
最初にWebラジオでこの合唱が流れてくるのを聞いたとき、その不思議な
雰囲気にこれは一体何のコーラスなのかと興味を惹かれたのでした。
サッカー競技場で歌われていると知ったのは、その後のことでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター