マロワル・チーズ

Bonjour !

さてTF1のチーズ街道の3回は、Nord-Pas-de-CalaisとPicardiのマロワル(le Maroilles)というチーズです。これは2008年にフランスで上映された映画「Bienvenue chez les Ch'tis」の登場人物の一人を演じたDany Boonで有名になったチーズだそうです。残念ながら、この映画は見ていませんので、チーズが出てくる場面が分かりませんが、後ほど見てみることにします。一般に、末尾にくるlleは、familleのように...ユと発音するのですが、このチーズの名前はマロワルと発音されています。8月、緑の牧草地に放し飼いにされている牛たちが、のんびりと好きなだけ牧草を食べています。見渡す限り緑の牧草地のことを、C'est la Thiéracheと言っています。このチーズ製造所の女主人クレールが農家の建物内にあるチーズ貯蔵所(la cave d'affinage)に案内してくれます。貯蔵所にはマロワル・チーズの棚がずらりと並んでいます。長方形のレンガみたいな形をしています。このチーズの発酵菌は湿度が必要なので、1週間に2回、表面を濡らして、湿度をたもつ必要があるそうです。これは大変な手間がかかりますね。チーズを美味しそうに味見している場面のあとは、チーズの発祥の地であるD959のMAROILLESという村に向かいます。ここの修道院のベネディクト派修道士たちがこのマロワルを初めて作ったそうで、その修道院の跡として残っているle moulin de Mariollesが映っています。村のチーズを販売する店には、この手作りチーズを求めてチーズ通のお客がやってきます。川のそばのレストランのテラスでは、このチーズを使ったflamiche au maroilles を味わうことができます。厚切りのチーズとブリオッシュにコショウを少々、生クリームをかけて20分焼き、出来上がりです。このレシピはいろいろ見つかりますので、興味のある方は調べてみてください

詳しくはTF1のニュースを

http://lci.tf1.fr/jt-13h/videos/2015/routes-des-fromages-3-5-le-maroilles-du-nord-pas-de-calais-et-de-8648758.html

A demain !




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター