ボーフォールの秘密

Bonjour !

今日はフランスのチーズについてです。TF1にボーフォールの秘密というニュースがありました。このボーフォールはチーズのプリンスと呼ばれているそうで、ローヌ・アルプス地方のサヴォワ県で生産されています。サヴォワというのは、すぐ北にはスイスがあり、モンブランやシャモニーが近くにあり、東はイタリア国境に接しているフランスの高地です。ボーフォールはこの高地で夏の間放牧地で作られています。ビデオでは300年も昔からずっとチーズを作り続けているViallet家が紹介されていますが、今ではもう一握りの人々しか作っていないそうです。8月の朝5時、気温は2度だそうです。何とも厳しい環境ですね。朝早く、生乳を集めて、それをシャレーに運んで、チーズを作ります。一家のチーズ作りの秘伝を受け継いでフレデリック、34才がチーズを作っています。400リットルの生乳をかき回し続けて、チーズができます。土産物として、ボーフォールを小さく切ったものが売られてます。店の人が薄く切ったチーズを小さな女の子にあげると、その子はMerci, Très bonと言ってますね。閉店後には、自動販売機にチーズを入れてます。こんな郵便受けみたいな自販機があるんですね。最後に、ボーフォールを使ったタルト・ボーフォールの作り方が紹介されています。タルトを食卓に出して、Bon appétit à tout le monde !と言ってます。

詳しくはTF1のニュースを

http://lci.tf1.fr/jt-13h/videos/2015/fromages-de-france-5-5-les-secrets-du-beaufort-8649271.html

Bon dimanche !



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター