映画Gemma Boveryの舞台Lyons-la-Forêt

Bonjour !

リンクしている方のブログで映画Gemma Bovery(ボウ゛ァリー夫人とパン屋)が紹介されていて、このフローベルの傑作「Madame Bovary」という小説をフランス語で読んだこともあり、どんな映画なのか興味をそそられ、さっそく字幕なしでネット上で見れました。舞台となっているノルマンディーの小さな美しい村は、Lyons-la-Forêtという村で、フランスの美しい村にも登録されています。ルーアンから40Kmの位置にあり、映画の中でもルーアン大聖堂が出てきました。通りには英語でハーフティンバー、仏語でコロンバージュと呼ばれる木組みと白い漆喰が交互に並んでいる有名な建築様式の建物が並んでいます。映画には英語もかなり出てきて、フランス語もゆっくりの部分があり、会話も楽しめました。英国人ジェマの話すフランス語、最初はたどたどしかったのが、時とともにみるみる上達していきます。パン屋での会話など、何度かサークルで練習したパン屋での会話とそっくりです。
最後に流れてきたロシアの曲、曲名がどうしても思いだせなくて、フランスの曲名Plaine oh plaineを頼りに調べたら、あのポーリュシュカ・ポーレという曲でした。

詳しいあらすじは公式サイトを

http://www.boverytopanya.com/

A demain !
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター