ニースのプロムナド・デザングレがまもなくUNESCO世界遺に

Bonjour !

南仏ニースの有名なプロムナド・デザングレ(Promedade des Anglais)は今年で250周年を迎え、まもなくUNESCO世界遺産に登録されるかもしれないそうです。南仏の青い空と青い海を背景に、弓形にのびているこの海岸沿いの散歩道は写真でよく見かけるニースの観光スポットです。ここを背景に書かれている小説に、昨年度のノーベル文学賞を受賞したパトリック・モディアノ氏の「8月の日曜日(Dimanches d'août)」があります。この小説は現在を起点にして、過去を振り返って書かれているため、いったい過去にどんな出来事があったのかと興味を惹かれつつ、先を読み続けたくなります。日本語にも翻訳されています。 堀江敏幸訳『八月の日曜日』(水声社)。コート・ダジュールを背景に書かれたもう少し古い小説は、フランソワーズ・サガンの「悲しみよこんにちは(Bonjour Tristesse)」があります。サガンが18歳のときに出版され、ベストセラーになりました。舞台はニースではなく、やや西にあるフレジュス (Fréjus)という町です。

TF1 JT20Hのニュースから

http://lci.tf1.fr/jt-20h/videos/2015/a-nice-la-promenade-des-anglais-fete-ses-250-ans-8632417.html

A demain !


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター