FC2ブログ

ケニルワースの城(Kenilworth)

Bonsoir !

二ヶ月以上もブログを書かなかったですが、おかげでやっと読み終えたのがこの本、約200年前の作品です。
なかなか先に進まず、図書館で4回も借り、二ヶ月近くかかりました。
英語の原作をキンドルに入れ、それだけでは理解できないので、訳本を図書館で借りたのです。
作者はウォルター・スコット(1771~1832)、今ではあまり読まれていないようですが、なかなか片手間に読める本ではありません。
使われている英語も古い英語で、辞書では古語として分類されている単語が頻出します。
訳本の日本語も昔の言葉遣いで時代劇のような会話で、訳者の方の読解力には感嘆しますが、私は原作の雰囲気を何よりも
重視するので、日本語の訳本だけを読む気にはなりません。
以前からいつかスコットの小説を読もうと思っていたのに、なかなか手をつけられませんでした。

スコットランドの首都エディンバラの大通り、ブリンセスストリートに沿った公園の中に、このスコットを記念する黒いスコット・モニュメントがそびえています。目につく記念塔ですが、そのような記念塔を建立されるこの人物はいったい何者なのか、その本をいつか読まなければと決心したのですが、とうとう今となってしまいました。
本の前半分くらいは、あまり面白くなく、この英語の文はどう訳するのかと、そういう翻訳上の興味で続けましたが、
エリザベス1世がケニルワース城に行幸するあたりから少し興味を引かれ、最後のほうは一気に進むほどの迫力でした。
ミステリーなどは最初に事件が起き、それで興味を引かれ、その事件の解決のストーリーに惹かれていきますが、この本は最初のあたりでもう放棄したくなります。
このケニルワース城、この小説の当時には栄華を誇るレスター伯爵の堂々たる城でしたが、現代は廃墟しか残っていません。
あらすじを紹介しなければなりませんが、それは時間を要する作業なので、また次回に譲ることにして、とりあえずはこの歴史的大作を読了したという記録です。

訳本
世界文学全集8 集英社
「ケニルワースの城 アドルフ」 ケニルワースの城は、369頁
訳者 朱牟田夏雄 安藤元雄





スポンサーサイト



プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター