FC2ブログ

タイタニックの仏語シナリオ

Bonjour !

最近、文書の整理をしていまして、フランス語の文書もずいぶん処理しました。
紙の文書はかさばるし、キンドルに入れておけば場所を取らないので。

その文書の一つに、映画「タイタニック」の仏語シナリオがありました。
映画「タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画で、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットでした。だから、原語は英語ですね。
A4で117ページ、昔はこういうシナリオをきちんと読んで、映画を見ながら勉強したものですが、最近はそういう方法は少し疲れるようになり、やめました。視力と座力の衰えを感じます。少し読み返すと、以前よりスラスラ理解できるから、仏語の読解力が多少はレベルアップしているのを感じます。ということで、このシナリオも役目終わりで、資源回収行き。
下記のファンサイトにシナリオがあるので、必要になったらここを見ることにします。

https://rosedoson.skyrock.com/761566526-la-senario.html

A la prochaine !
スポンサーサイト



初収穫のビーツでボルシチ

こんにちは

またまた広告が表示されてしまいました。
今日は一日雨降りで、外に出ませんでした。

写真は、初めて栽培した、初収穫のビーツです。
初収穫なので、記念にまともに料理することにしました。
ビーツというと何と言ってもまずホルシチです。
レシピを調べて悪戦苦闘しながら、雨降りの一日をボルシチ作りに過ごしました。
ビーツの赤い色がとてもきれいです。茎も赤いので、茎も刻んで入れました。

ビーツ

さて、出来上がり、お皿に盛って、サワークリームを飾ると、何となく恰好がつき、美味しそうです。
他に緑のディルを飾るとありましたが、ないので省略。
食べた感想は、ビーツってかすかな甘味があって、タマネギもニンジンも甘いので、全体的に甘味があります。
それがサワークリームの酸味とよく合いますね。
自分で栽培したビーツなので、感慨深く、よく味わって食べました。
ビーツがやや小さめなので、赤みが少し足りないかも。
材料のニンニクとタマネギも自家栽培です。


ボルシチ

プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター