FC2ブログ

旅立ちの季節

Bonsoir !

3月はとうとうまる一月休んでしまいました。

先日読んだこの「旅立ちの季節」デビット・ゾペティ著
著者はスイス生まれの外国人で、非母語である日本語で著作活動をしています。
外国人が母国語でない日本語で小説を書いているというので、どんな日本語なのかと読んでみました。
図書館の棚で日本人作家の間に紛れ込んでいたので、探すのに一苦労し、係の人に探してもらったら、この人は日本語で小説を書いているので日本人作家と同列に配置されているということでした。

外国人であると知らされなければ、日本人が書いた小説だと思ってしまうのは確実です。
ジュネーブ大学日本語学科を中退ということは、母国語はたぶんフランス語でしょうね。名前の音がどうもイタリアっぽい感じですが、やはりイタリア系だそうです。そしてドイツ語、フランス語、イタリア語、英語、日本語の5か国語に通じるマルチリンガルということです。執筆活動を続けるかたわら、2015年にはリフレクソロジー診療所を開き、日本人の患者さんがたくさん訪れてくるとか。

肝心の小説はというと、とても読みやすいです。北海道の小樽とフィンランドを背景とし、オーロラ観測村の話が出てきます。
主人公の楠木は海上保安庁を退職した後、終活をする様子が細かく描かれ、また平行して老後の生き甲斐を模索します。
そんなある日、両親を幼い頃に亡くしから育ての親となっていた姪の百合子が住んでいるオーロラ観測村を訪ねてみようという決心をします。ガラスイグルーからオーロラを初めて見て、ある計画を実行しようと思いたちます。さて、その計画とはいったい何なのか?
デビット・ゾベティ氏をフランス語で紹介した記事がありました。

スイスのLe tempsの記事から

https://www.letemps.ch/culture/mille-vies-david-zoppetti-tokyo

A la prochaine !




スポンサーサイト



プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター