FC2ブログ

Indochine - Song for a Dream

Bonjour !

アンドシーヌの曲は何回か紹介しましたが、今日紹介するのも
アンドシーヌの歌、Song for a Dreamです。
ずいぶん息の長いグループで、特にファンというほどではないのですが、初めて聞いた曲にどこか東洋的なメロディーを感じてしまい、ときどき聞いています。どう東洋的かというと、お寺の読経が流れる雰囲気でした。
この曲は歌詞がとても印象的です。

https://www.youtube.com/watch?v=DkffTDkSADI

Bonne écoute !
スポンサーサイト



Chanson Douce 2016年 ゴンクール賞

Bonjour !

またまた1月が過ぎてしまい、はや師走となってしまいました。
最近はTwitterをまめに更新していますので、こちらが手抜きとなっています。
ブログを訪問してくださる方には申し訳ないですが、よかったらTwitterのほうをご覧ください。

さていま読んでいる小説を紹介します。
2016年 ゴンクール賞受賞の「Chanson Douce」著者Leïla Slimani です。
邦訳も「ヌヌ 完璧なベビーシッターというタイトルで」2018年3月に発売されています。
物語は、二人の小さな子供がヌヌ(nounou)の手によって殺されたところから始まります。
それから話は過去に遡り、この悲劇がどうして起きたのかが語られていきます。
主人公ミリアムは法学部を出て、専業主婦として二人の子供の子育てに専念していましたが、ある日偶然にも大学での同窓生にばったり出くわします。いまは弁護士事務所に勤務しているその彼が、ミリアムに仕事に復帰する気持ちがないかと電話をしてきます。子育てにも退屈しかけていたミリアムは夫のポールに相談したうえ、二人で子供の世話をしてくれるヌヌ(nounou)を探すことになります。何人かの応募者に面接したすえ、ルイーズというやさしくて子供好きで、きれい好きな女性に白羽の矢がたちます。
このルイーズ、本当に子供好きで、何をしても完璧で申し分のない人で、その仕事ぶりが細々と描写されていきます。
読んだのはまだこの辺りまでですが、こんな完璧で申し分ないヌヌがどうして、最初の悲劇に追い込まれていくのか、という疑問がつきまとい、次のページを読む気にさせられるのです。
フランスでは女性も仕事を持っているのが当たり前ということですから、こういう話は働く女性にとっても関心のあることで、女性の観点から書かれたこういう小説は身近に感じられます。それにフランス語も分かりやすいのです。
日本でもかって、有名人の子供がお手伝いさんに殺されるという事件がありましたが、あの事件を思い出してしまいました。
フランス語がやや難しいと感じられる方は、日本語の文庫版をそばに置いて読むといいですね。

A la prochaine !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター