星降る夜(Notte Stellata)

Bonjour !

フランス語の歌ではなく、いま話題のイタリア語の歌です。
サン=サーンスの名曲「動物の謝肉祭」の第13曲の「白鳥」に歌詞をつけたものです。
最近、チェロでもこの曲を聞く機会がありましたので、取り上げます。

フィギュアスケートの羽生選手この「ノッテステラータ」という曲を使ったエキシビションが絶賛されています。
スケートも素晴らしいですが、こ曲を歌っているイタリアのIl Voloがすごいです。2009年に結成された3人グループ、現在は21歳、22歳、23歳ですが、その声はとてもこの年齢とは思えません。羽生選手も含めて、恐るべき20代です。

Il Volo singing Notte Stellata.
https://www.youtube.com/watch?v=8W-WjTADlQY

ついでに「オーソレミオ」も聞いてみました。
Il Volo - 'O Sole Mio
https://www.youtube.com/watch?v=lw3c5d3aBSE

フランス語からそれ、イタリア語の話題でした。

A la prochaine !
スポンサーサイト

フリージングポート

Bonjour !

日本のこのニュース、世界のいろんなメディアで取り上げられてますね。
実は外国の記事で初めて知って、日本の記事を見ました。
他の国はどのように受け止めたのでしょうか。

Le Mondeの記事より

http://www.lemonde.fr/big-browser/article/2016/11/28/la-patinoire-construite-sur-5-000-poissons-morts-n-a-pas-laisse-de-glace_5039554_4832693.html

A la prochaine !

Tombe la neige (雪が降る)

Bonjour !

今夜遅くから明日の午前にかけて、関東でも雪が降るという予報です。
11月に雪が降るというのは54年ぶりとかで、自分でも初めてです。
今日の歌は日本語でもよく知られているアダモの「Tombe la neige (雪が降る)」です。
歌詞が韻をふんでいて、詩的で印象的、やや難しい言葉も出てきますが、発音は分かりやすいです。
途中でセリフがはいります。

SALVATORE ADAMO のTombe la neige

https://www.youtube.com/watch?v=_64nc_NLE_I


A la prochaine !

Allo Georgina(ギリシャにいるジョルジナへ)

Bonjour !

久しぶりの懐メロです。
1971年のリリースのボルナレフの"Allo Georgina"です。
それほど古い感じはしない軽快なテンポの曲です。
語りかけるような歌詞、フランス語もはっきり分かります。
ギリシヤの民族楽器、ブズーキの伴奏が目立ちますね。
スマホ、タブレットでは見れないことが多いので、PCでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=dw4D1eZw9E4

Bon dimanche !

「がん」の新しい治療法--続き

Bonsoir !

先日の「がん」の新しい治療法について、日本ではどれくらい知られているのか調べてみました。
この治療法は、Metabolic therapy (代謝療法)と呼ばれています。
日本語の解説があるサイトが見つかりましたので、参考までにあげておきます。これは先日のDr. Laurent Schwartzらのグループが2010年にマウスの実験結果を報告した英語の論文が日本語で説明されています。
論文は、A combination of alpha lipoic acid and calcium hydroxycitrate is efficient against mouse cancer models: preliminary results. Oncol Rep 2010 May;23(5):1407-16

日本語のサイト

http://www.1ginzaclinic.com/DCA/HCA.html

ヒドロキシクエン酸というのは、脂肪合成を阻害するため、ダイエットのサプリメントとして販売されているようです。

このグループが研究を続け、人間の患者さんにも、この治療法を試しているのです。

Dr. Laurent Schwartzの著書、"Cancer: Un traitement simple et non toxique"が9月8日に出版されています。
科学的なデータの裏付けがなくて、よくないというレビューもありますが、治験のほうはまだこれからみたいです。

Bon week-end !

「がん」の新しい治療法

Bonjour !

「がん」の新しい治療法、という見出しに惹かれ、記事を読んでみました。
この患者さんは、3年前に膠芽腫またはグリオブラストーマ(glioblastome)という脳腫瘍のステージ4と診断され、放射線&化学療法などを受けたものの効果がなく、自宅で車椅子の生活をしていたそうです。
ところが2年半前から、この新しい治療法を受けるようなって腫瘍が縮小し、今では車で主治医のところに行けるまでに回復しました。

その治療法とは、処方箋なしで買える栄養補助剤(画面に映っている3つ)、200ユーロ/月だそうです。
画面上で左端のは薬局名と薬剤師の名前が分かりますが、中身はちょっと読めないですね。
真ん中のはアルファ・リポイック酸、右端はヒドロキシクエン酸です。

詳細はFrance 3のビデオを

http://www.francetvinfo.fr/sante/cancer/cancer-un-nouveau-traitement-a-partir-du-metabolisme_1894729.html

ついでに少し詳しく調べてみました。

Dr Laurent SchwartzとPr Luc Montagnier(ノーベル学者)が研究している治療法を取り上げたLa Nutritionの記事

http://www.lanutrition.fr/les-news/cancer-les-promesses-du-traitement-metabolique.html

この治療法が発表されたという2016年6月号の« Mutuelle et Santé »

http://www.mtrl-id.com/docs/data/revues/pdfs/36.pdf

まだこれから治験をする必要があるということですが、希望がもてる治療法のようです。

A demain !

ターニング・タイド(En Solitaire)

Bonjour !

ヴァンデ・グローブ、6日午後のスタートから4日めとなりました。
このレースを主題とした映画「ターニング・タイド」がありました。フランスで2013年11月公開、1時間37分、日本では2014年5月に公開されていました。
主役のヤン・ケルマデック(Yann Kermadec)を演じるのは、ヒット作「最強のふたり」で障害者のフィリップを演じたフランソワ・クリュゼです。あの映画では首から下が動かないという車椅子の障害者の役でしたが、今度はまったく正反対の活動的なヨットレーサーです。
孤独との闘いのヨットレースかと思ったら、文明の利器、アイパッドをフルに活用し、孤独な闘いというイメージはないですね。海と陸地との様子が始終、大画面に映しだされ、海からは陸地の様子が、陸地からは海の様子がいつでも分かるという感じです。
それでもヴァンデ・グローブというレースがどんなものか、多少は身近にわかる映画です。
バックに流れるピアノ曲「The Greatest by Cat Power」が印象的です。

詳細は公式サイトを

http://turning-tide.com/

The Greatest by Cat Power

https://www.youtube.com/watch?v=SDsxkQk6DWw

A demain !

ノートルダム・デ・ランドの闘いー続き

Bonjour !

先日のノートルダム・デ・ランドの闘いに関して、7日にナント行政控訴院がどういう判断を下したのか気になり、ニュースを調べてみました。裁判の用語は馴染みのないものが出てきますので、少しまとめます。

le tribunal administratif  行政裁判所  行政訴訟の第一審裁判機関で、だいたい県に1つくらい
la cour administrative d'appel de 地名  行政控訴院  行政訴訟の第ニ審裁判機関で、フランス全土に8つある。(パリ、ボルドー、リヨン、ナンシー、ナント、ドゥエ、ウ゛ェルサイユ、マルセイユ)
Conseil d'État  国務院   フランス政府の諮問機関かつ行政訴訟における最高裁判所、パレ・ロワイヤル内。
le rapporteur public 報告担当裁判官  予備的な審理を行い、その所見を他の裁判官に伝達する。司法裁判でのjuge d'instructionみたいなものでしょうか。

次にニュースの見出しはこうです。
la rapporteuse publique demande l’annulation de quatre arrêtés autorisant les travaux

(ナント行政控訴院の)報告担当裁判官は月曜日、建設工事を認可する4つの県条例の破棄を要求

月曜日の法廷では、la rapporteuse publiqueの調査にもとづく、見出しのような意見が報告されました。
ということで、一般的には行政控訴院はこの裁判官の意見に従うということで、新空港建設の反対派には有利な方向に一歩を踏み出したということですね。la rapporteuse publiqueは女性形、le rapporteur publicは男性形です。この形から、この裁判官は女性だったことが分かります。

詳細はLe Mondeの記事を

http://www.lemonde.fr/planete/article/2016/11/07/notre-dame-des-landes-audience-cle-pour-la-poursuite-des-travaux_5026770_3244.html
            
  
Le Mondeの電子版は、月15件まで無料で記事を読めるみたいです。
この記事を読むと、「あなたは今月の無料15記事のうちの1つを読みました。読み放題を希望されるなら購読してください」
というメッセージがウィンドウに表示されます。月15件も読まないので購読はしていません。他のメディアの電子版もだいたい同じようなメッセージが出ますが、どれも購読していません。いろんなメディアから少しずつ興味深そうな記事を読み、ついでにPRしています。

A demain !


ヴァンデ・グローブ(Vendée Globe)2016

Bonjour !

ヴァンデ・グローブは、4年に1度開催されます。18mのヨットで単独無寄港で世界一周を目指すヨットレースです。
ヨットレースというとアメリカズカップはよく知られていますが、これは単独航海です。
今年は日本人の方が参加するそうですので、少しこのレースについて取り上げてみました。

今年の参加者(skipper)は29人、その参加者の氏名とヨット名と写真がありました。プロフィール、インタビューを見れます。
参加者の国籍は、フランスが20人、イギリスが1人、ハンガリーが1人、アメリカが1人、スペインが1人、スイスが1人オランダが1人、アイルランドが1人、ニュージーランドが1人、そして日本が1人です。フランス20人のうち15人までが地元出身といますから、地元参加者にとって非常に有利なレースといえます。
圧倒的に欧米人が多いなか、日本人Kojiro SHIRAISHIさん、 SPIRIT OF YUKOH号、アジア人で初です。
すばらしいチャレンジ精神の持ち主だと想像します。Kojiro Shiraishiに3つの質問というのがあり、読んでみました。

http://www.vendeeglobe.org/en/skippers

日本ではヨットレース、あまり身近なものではないですね。海に囲まれていても、ヨットというスポーツはお金がかかって一般の人には無理だと最初から諦めてしまいそうです。日本人の方が参加されると、少しは身近にになるかもしれないですね。

このヨットレースの出発はフランス時間で今日6日午前、ヴァンデ県、Les Sables d'Olonne(レ・サーブル=ドロンヌ)の港からスタートです。

詳細は公式サイトを

http://www.vendeeglobe.org

A demain !

50年前から続くノートルダム・デ・ランドの闘い

Bonjour !

ナント空港を20Km北にあるノートルダム・デ・ランドに移すという計画は、50年前の1960年代に始まりました。それ以来、新空港建設に反対する人々の闘いが今も続いているという、すさまじい長期戦です。日本の成田空港建設も反対闘争がありましたが、それよりも長い戦いです。ニュースでは空からこの建設予定地を映していますが、なるほど緑豊かな土地が広がっています。ここは湿地帯で、フランス西部で最後に残っている数少ない1つで、1300種類もの生物種が生息し、うち130種は保護生物だそうです。空港建設反対の大きな理由は、この稀なる環境の保護だといいます。一方、建設推進派の主張は、新空港建設による雇用の促進と観光客の誘致です。6月26日には、この新国際空港の建設計画に関する住民投票が行われましたが、賛成派が55%でした。ということは反対派が45%ですから、ほんの10%だけ賛成が多いからといって、強行実施する問題でもないと感じます。明日7日、ナントの行政控訴院にて、この問題に対する判決がくだされるそうです。この控訴院は、新空港建設の停止という判決を出すこともあり得るということですが、さて明日の判決結果はどうなるでしょうか。
ニュースで航空機から撮ったこの建設予定地の豊かな環境をぜひご覧ください。


France 2のニュースより

http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/droit-et-justice/notre-dame-des-landes-l-arret-du-projet-d-aeroport_1906749.html


A demain !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター