子どもを抱いて(Prendre Un Enfant Par La Main)

Bonjour !

週末の歌をもう1曲、Yves Duteil氏のヒット曲で、Prendre Un Enfant Par La Mainです。
この曲は歌詞がゆっくりで、Rの音がたくさん出てきて、Rの発音を練習するのにとてもいいです。

https://www.youtube.com/watch?v=wiI8f8yKwlA

60年代のフォーク歌手ジョーン・バエズさんが、これをフランス語で歌っています。
やっぱりネイティブの発音とは違いますが、貴重なフランス語の歌です。

https://www.youtube.com/watch?v=akcCGcbt0qc

Bon week-end !
スポンサーサイト

週末はローマで(Week-end à Rome )

Bonjour !

9月も今日で終わり、今月はいろいろと雑事に追われてあまり書けませんでした。
分類していないため、過去の記事が見にくいので、音楽のカテゴリを作りました。少しずつ分類していきたいと考えています。

今日は音楽で、Eienne Dahoの「週末はローマで(Week-end à Rome )」です。
エティエンヌ・ダオー は、アルジェリア・生まれのフランス歌手、今年60才です。この曲は1984年のリリースですから、まだ若い頃の曲ですね。この歌手の曲を初めて聞いたのは、「ブーメランのように(Comme un boomerang)」という曲でした(2001)。これはオリジナルは Serge Gainsbourgが1975年に作詞・作曲したものですが、オリジナルは聞いたことがありません。この「ブーメランのように」は、Daniという歌手とのデュエットなのですが、この人の声だけ聞いて男性だとばかり思ってましたが、実はあっと驚きの女性でした。


Etienne Dahoの「週末はローマで(Week-end à Rome )」」

https://www.youtube.com/watch?v=7t_D1rXpw40

Dani & Etienne Daho 「ブーメランのように(Comme un boomerang)」

https://www.youtube.com/watch?v=SvhopsUrzlw

Bon week-end !



アレバ、洋上風力発電事業を譲渡

Bonjour !

再生可能エネルギーによる発電を増やし、原子力への依存率50%に減らす計画を発表していたフランスですが、このたひアレバが洋上風力発電部門をドイツ・スペインのグループに、アルストームはアメリカの会社に譲渡することになりました。
アレバというと、2011年に福島原発の汚染水処理を設置したので有名ですね。トラブル続きで、その後に廃止になったそうですが。
これでフランスは再生可能エネルギーの増大計画から後退することになるのでしょうか。
海の中に巨大な風力発電機が立っているのを見ると、こうまでして発電せねばならないほど、人間は電力を使用するものなんだと考えさせられます。電力をなるべく使用しない方向に戻るのは無理なんでしょうね。この夏、わが家ではエアコンをほとんど使わずに過ごしましたが、最近の夏の暑さを思うと、これがいつまで続くか分かりません。

アレバのニュースの詳細はFrance 2を

http://www.francetvinfo.fr/economie/entreprises/renouvelables-areva-vend-sa-filiale-eolien-offshore_1833941.html

欧州の洋上風力発電の分布

http://www.sciencesetavenir.fr/nature-environnement/developpement-durable/20150820.OBS4479/carte-interactive-comment-est-reparti-l-eolien-offshore-en-europe.html

A la prochaine !

歌-- Je m'appelle Michèle

Bonsoir !

今日はニュースは休んで、シャンソンです。

Michèle Torrの"Je m'appelle Michèle"(私の名前はミッシェル)です。

ミッシェルと日本語で書くと、男か女か不明ですが、フランス語ではMichelは男性の名前、

Michèleは女性の名前になります。

https://www.youtube.com/watch?v=MzRyjwrksAw


Bon week-end !

世界遺産の日(Journées du patrimoine)

Bonsoir !

この週末は世界遺産の日で、フランス各地のいろいろな場所が無料または有料で公開されます。
ふだんは入れない場所もこの機会に見れるという貴重な日です。
日本にいると実際には行けませんが、ニュースの記事だけでも読むと楽しいですね。

まず、パリではパリのヘリポートと時計と宝石の店 La boutique Buchererがあります。

オー=ド=セーヌ県(Hauts-de-Seine)では、バレリーナを養成するL’école des étoiles、ブーロニュ・ビランクール市のコルビュジェの5つの作品の案内があります。

セーヌ=サン=ドニ(Seine-Saint-Denis)県では、2013年に閉鎖されたシトロエン工場と初めて建設されたHLMです。

その他、たくさんの珍しい場所が、フランスの地図上に写真入りで案内されていますので、興味のある写真をクリックすると、詳細が表示されます。たくさんありすぎて、とても全部は見れそうもありません。

詳しくはLe Parisienの記事を

http://www.leparisien.fr/culture-loisirs/sortir-region-parisienne/journees-du-patrimoine-en-ile-de-france-et-oise-une-selection-de-sites-a-ne-pas-rater-15-09-2016-6122215.php


パリの世界遺産の日
(ドランシーからアウシュビッツへの中間地、ボビニー駅もありますね。)

http://www.parisetudiant.com/etudiant/agenda/journees-du-patrimoine.html

A la prochaine !

モンブランの標高3500mでロープウェーが故障

Bonjour !

これはまたヒヤリとするニュースです。

8日午後3時半、フランスのモンブランでイタリア側とつないでいるロープウェーが高さ3500m以上のところで故障、ゴンドラ12台が宙吊りとなり、110人がゴンドラに閉じ込められてしまいました。このうち、救助活動は18時に開始され、65人は8日中にヘリコプターで救助されましたが、夜になる前に残りの人々も救助するように、時間と競争の救助活動が続けられています。夜に入ってしまった場合には、非常食と毛布があるということですが、夜になって暗くなると救助活動も困難になり、寒さも厳しくなります。
無事に全員が救助されるといいですね。

詳しくはFrance 2のニュースを

http://www.francetvinfo.fr/france/mont-banc-110-personnes-bloquees-dans-des-telecabines_181636

Le Dauphineの時間をおったニュース

http://www.ledauphine.com/haute-savoie/2016/09/08/une-centaine-de-personnes-coincees-dans-une-telecabine-a-plus-de-3000-metres

Bon week-end !

カレーのジャングルの撤去

Bonjour !

フランスというと芸術の国、観光大国というイメージがありますが、この美しいイメージとは大きくかけ離れた別の側面、カレーのジャングルと呼ばれている難民キャンプがあります。このカレーのジャングルの南半分はこの3月に撤去され、そのときもいろいろ問題が起きました。今回は北半分の撤去ということで、またいろいろな論議が起きています。

9月2日、このカレーを訪問したベルナール・カズヌーヴ(Bernard Cazeneuve)内務大臣は、このジャングルを撤去することを約束しました。それには9千人もの難民の移転先を探すという難しい問題を解決しなければなりません。キャンプに住む難民の生活も想像しがたいですが、近隣のカレー市の人々もいろんな問題に直面しているようです。
このような難問を抱えたカレーのNatacha Bouchart市長は、なんと女性なんですね。

カレーというとロダンの「カレーの市民」を思い浮かべたり、ドーバー海峡をはさんでカレーの対岸にあるドーバーまでフェリーがあり、イギリスからフランスにこのフェリーで渡るという時代もありましたが、今はもうユーロスターの時代となりましたね。

France 2のニュースから

http://www.francetvinfo.fr/politique/jungle-de-calais-comment-sortir-de-l-impasse_1809691.html

A la prochaine !

9月のサークルのお知らせ

Bonjour !

9月になっても、なかなか涼しくなりませんね。
明日もかなりの暑さの予想ですが、9月の最初のサークルです。
9月は明日6日、13日、20日、27日の計4回です。
新しいことはやめ、これまでの復習に取り組んでいく予定です。

なお、現在借りています教室は9月末で退去することになりました。
またご希望がありましたら、別の場所を考えて、続けたいと思いますので、ご興味のある方は随時、コメントのメールにて詳細をお問い合わせください。

語学は敬遠される方も多いですが、ずっと継続していきますと、いつかぱっと新しい展望が開け、楽しいこともあります。日本語と同じように何とか続けていけば、特にインターネットの時代には、いろいろな情報をすばやく自由自在に集めることができます。

ブログのほうは気の向いたときに、書くつもりでいますので、
ご興味のある方は、引き続きご訪問ください。

Au revoir !

カロジェロのUn jour parfait

Bonsoir !

日曜の夜なので、ニュースは休み、フランスのロックです。

曲はもう10年も過ぎてしまいましたが、2004年発売のカロジェロの「Un jour parfait(アン・ジュール・パルフェ)」、

日本語にすると「パーフェクトな日」、歌詞は「キャラバン」でお馴染みのラファエルです。

C'est un jour parfait (pour quoi ?)と、疑問になりますが、分かりません。

ラファエルの歌詞らしく、解釈の余地が広いですから、想像におまかせします。

テンポがよくて、気分が乗らないときに、ひきたててくれます。

https://www.youtube.com/watch?v=_MyI0vh8kgM

A demain !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター