映画「裏切りの戦場 葬られた誓い(L'Ordre et la Morale)」

Bonjour !

昨日の続きで、フランス領ニューカレドニアのウベア島の独立の戦いの映画で、邦題が「裏切りの戦場 葬られた誓い」、
原題が"L'Ordre et la Morale"、海外では2011年公開、日本でも2012年に公開されていました。

1988年4月、フランス国内では現職のミッテラン大統領とシラク首相が激突する大統領選挙が近づいていました。そんな中、ウベア島の原住民カナック族のうちの独立過激派がフランス憲兵隊の宿舎を襲い、4名を死亡させ、憲兵隊員26人と裁判官1人を人質に洞窟に立てこもったという事件です。国家憲兵隊治安部隊(GIGN)のリーダーだったフィリップ・ルゴルジュがこの問題解決の交渉に任命され、部下50名とともに現地に飛びます。ところが、現地では精鋭300名を率いる陸軍が幅を利かせ、ルゴルジュは彼らの指揮下に入ることを余儀なくされます。平和的な解決を望んでいたルゴルジュですが、5月5日に襲撃がおき、この事件は悲惨な結末を向かえます。ル・クレジオの本では、この結末が簡単に記されていて、カナック族の19人が殺害されたとあります。ルゴルジュはその顛末を記した手記"La Morale et l'Action"を、1990年に発表します。1998年、監督のマチュー・カソヴィッツは、人権連盟の発表したウベア事件の報告書を読み、映画化を決意したのです。

映画からそれますが、この独立事件の後、独立派のリーダーだったジャン・マリー・チバウ(Jean-Marie Tjibaou)が、6月26日フランス政府との間でマティニョン協定を結び、北部州を中心にカナックが多く居住する地域に経済援助を増大することやカナックの文化を尊重し促進することが規定されましたが、1989年この協定の反対派に暗殺されてしまいます。この独立のリーダーを記念して建造されたのが首都ヌメアにあるチバウ文化センターです。イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏設計のこの建物、カナック族の家カーズを模した近代的な建物ですが、周囲の自然によく調和した素晴らしい建物です。

映画ですが、シナリオの電子版が500円弱でGoogleで販売されています。
サンプルが全体の4分の1ほど無料で読めますので、それを読みました。余裕のある方は購入して、全部読むと、さらに理解が深まると思います。

「天国に一番近い島」ことウベア島で、こんな事件があったことを知らずにいましたが、原住民と白人との対立というのは、今もどの程度あるのかと思ったりします。

A demain !



スポンサーサイト

本「ラガ 見えない大陸への接近」ル・クレジオ

Bonjour !

あるSNSでバヌアツのことが書かれているこの本が紹介されていたので、図書館で借りて読みました。
ラガというのは、バヌアツのアプマ語でペンテコスト島のことを意味します。この本を読む前に、バヌアツについて少し予備知識があったほうが理解しやすいです。バヌアツとは南太平洋に浮かぶ83の島からなっており、そのうち70の島が有人です。
首都はポートビラ、これはエファテ島にあります。ペンテコスト島はこのエファテ島の北230Kmのところにあります。他にも、いろいろな島の名前が出てきます。

これらの島の原住民と、新しい航路を開拓して南太平洋の島々に到着した白人との歴史が紀行文風に書かれています。
原住民と白人との間に、いろいろな戦いがあったことがさらりと書かれています。
ニーカレドニアはニッケル鉱山で有名ですが、それを採掘するために、そうした原住民が誘拐され、強制労働に駆り立てられたという記述もあります。もう一つショックな事件は、1988年のウベア島で起きた独立の戦いのことでした。これは今もその島の洞窟に慰霊碑のようなものがあるそうです。「天国に一番近い島」として大勢の観光客が訪れる島に、つい30年前にこんな事件があったのです。
この事件については映画も製作されていますので、また後日取り上げたいと思います。

A demain !



カナダも遺伝子組換えサケを認可

Bonjour !

遺伝子組換えサケ(le saumon transgenique)は昨年末、アメリカのFDAが認可しましたが、このたびカナダの保健省(Santé Canada)とカナダ食品検査庁( l'Agence canadienne d'inspection des aliments)も認可したそうです。このサケはAquaBounty Technologiesという企業が開発したもので、AquaAdvantageと名づけられていますが、このたび検査の最終段階を終え、すぐには市場に出回らないものの、1年半後たった頃には市場に出回るということです。遺伝子組換えの植物はすでに出回っていますが、動物ではこのサケが初めてです。サケにつける義務的な表示について、カナダの大臣は明言を避けているそうです。アメリカの場合は表示の義務はありません。このアクアアドバテージ(AquaAdvantage)は、プリンス・エドワード島の東端にあるベイ・フォーチュンという町にある工場で生産されているそうです。
このプリンス・エドワード島は、赤毛のアンという小説の舞台となったところで有名で、観光客も大ぜい訪れる場所です。皆さんもこの島に行く機会があったときは、赤毛のアンの家だけではなく、ついでにこの工場を見てくるのもいいかもしれません。たぶん、一般公開はされていないと思いますが。

詳細はICIラジオ・カナダの記事を

http://ici.radio-canada.ca/regions/atlantique/2016/05/19/016-saumon-genetiquement-modifie-sante-canada-acadie.shtml

A demain !

5月の第3回めのサークルのお知らせ

Bonjour !

間際になりましたが、5月の第3回めのサークルは、明日24日火曜の10時からです。
内容はいつもと同じです。

いつものように初めての方の見学も大歓迎です。
では皆さまのご参加をお待ちしております。

今日の歌は先ほどテレビで流れてきた、リチャード・クレイダーマンの
渚のアデリーヌ-Ballade pour Adelineです。久しぶりに聞く曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=gfsgXJQ0ebU

A demain !

フランス語の書き方が変わる(Réforme de l'orthographe)

Bonjour !

フランス語を学んでいる人々にとって、とても重要な話題です。

フランス語の書き方が、2016年の新学期から変わります。この変更の対象になる単語は全部で2400語です。

これは1990年にアカデミー・フランセーズが提案していた改革で、この提案が今年の新学期から学校の教科書に取り入れられることになります。教科書以外の新聞や雑誌、その他はどうなんでしょうね。まず、学校の教科書で単語のスペルが変更されれば。それは徐々に普及していくでしょうが、そんなに一気に移行することは考えられません。仏検のテストなどでは、どちらのスペルで書けばいいのか気になりますね。仏検のHPを見たところ、次のように書かれていました。

Q: 1990年に制定されたフランス語の新綴り字について、仏検での対応はどうなっていますか?
A: 試験問題(1次、2次とも)ならびに仏検公式ガイドブック(等の印刷物)においては、状況を注視しながら、当面は従来の表記を使用して参ります。なお、従来より1次試験(筆記)の採点現場では、新綴り字を使った受験者が不利益をこうむらないよう配慮しており、今後もその方針に変更はありません。

主要な改革点は以下の通り

○ 単語間を結ぶ《‐》が無くなる

week-end は、weekendとなる
   
Chauve-souris は、 chauvesouris となる

Mille-pattes » は、 millepattes となる

Porte-monnaie は、portemonnaie となる

○ 《i》と《u》につくl'accent circonflex(アクサンシルコンフレックス)が無くなる
 
coût は、coutとなる

abîmeは、 abimeとなる 

s'entraîner は、 s’entrainer となる

maîtresse は、 maitresse となる

paraître は、 paraitre となる

○ 発音に関係ない文字が無くなる

oignon は、 ognonとなる
 
nénuphar は、 nénufarとなる  

○ 単数と複数を正しく書く

des après-midi は、 des après-midis となる

詳しくは、下記をご覧ください。

http://bescherelletamere.fr/reforme-orthographique-2400-mots-changent-des-la-rentree-scolaire-et-adieu-laccent-circonflexe/

https://ja.scribd.com/doc/297920633/Les-rectifications-de-l-orthographe

Bon week-end !

ヴァンセンヌの森の地下に採石場が

Bonjour !

ひさしぶりのブログです。パソコンのキーボードが不調で、あまり書けません。

今日はパリの採石場の話題です。西欧というと石の文化ですが、建築に使用される石はどこで採石されたのかを調べているうちに、あのヴァンセンヌの森の地下に採石場があったという驚きのニュースです。パリの地下墓地としてカタコンべは有名ですが、ここは初耳でした。ヴァンセンヌというと、パリの中央を走っている黄色表示のメトロ1番線の最終駅にChâteau de Vincennesがあり、メトロで簡単に行くことができます。
このヴァンセンヌの森の地下にある採石場、18世紀から手つかずの状態だそうです。採石場の中に降りるには、20mのラセン階段を降りていきます。ここはカタコンベのように墓地ではなく、石灰岩の採石場で、ここの石がセーヌ河岸の建設に使用されたそうです。
パリ市内の真っ只中にこんな採石場の跡があるのは驚きです。採石場への入口は、動物園の少し南東にあり、メトロでは1番線よりは8番線のCharenton-Ecolesが近いですが、一般公開はされてないと思います。

http://www.metronews.fr/paris/les-carrieres-de-calcaire-visite-des-autres-catacombes-franciliennes/mnhB!a9ajenfQVMw/

À la prochaine !

5月の第1回めのサークル

Bonjour !

5月2日は祝日でしたのでサークルはお休みでした。
次回つまり5月の第1回めのサークルは、5月10日火曜10時からです。
内容は、歌とマルティーヌの絵本と簡単な会話です。

いつものように初めての方のご見学も大歓迎です。
では皆さまのご参加をお待ちしております。

今日の歌はカロジェロのYallaです。

https://www.youtube.com/watch?v=Xm2IkLIYY8Q

A demain !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター