今年のバカロレアの哲学の問題

Bonjour !

ちょっと遅くなりましたが、先日実施されましたバカロレアの哲学の問題、今年はどういう課題だったのか気になり調べてみました。

バカロレア試験問題(文系)
Sujet1:あらゆる生物を尊重することは、倫理的な義務であるか?
(Respecter tout être vivant, est-ce un devoir moral ?)

Sujet2:人は自らの過去の所産なのか?
(Suis-je ce que mon passé a fait de moi ?)

Sujet3:以下のトクヴィル『アメリカのデモクラシー』の抜粋を説明せよ。
(explication de texte de Tocqueville extrait de De la démocratie en Amérique)

バカロレア試験問題(理系)
Sujet1:芸術作品というものは、つねに何らかの意味を持つか?
(Une oeuvre d'art a-t-elle toujours un sens ?)

Sujet2:政治は真実の要求を免れえるか?
(La politique échappe-t-elle à une exigence de vérité ?)

Sujet3:以下のキケロ『予言について』の抜粋を説明せよ。(略)
(explication de texte de Cicéron extrait de De la divination)

バカロレア試験問題(経済・社会系)
Sujet1:個人の意識は自らの所属する社会を反映したものでしかないのか?
(La conscience de l'individu n'est-elle que le reflet de la société à laquelle il appartient ?)

Sujet2:芸術家の生み出すものは理解可能か?
(L'artiste donne-t-il quelque chose à comprendre ?)

Sujet3:以下のスピノザ『神学・政治論』の抜粋を説明せよ。(略)
(explication de texte de Spinoza extrait du Traité théologico-politique)

Le Mondeの記事です。

http://www.lemonde.fr/bac-lycee/article/2015/06/17/bac-s-es-l-et-stmg-2015-decouvrez-les-sujets-de-philo_4655724_4401499.html

とても難しそうです。だいたい、このSujetの本、トクウ゛ィルも、キケロも、スピノザも読んだことがないのです。この抜粋を読んで、それについて自分の考えを書くのでしょうか。西洋の哲学系の本は、翻訳物は読みづらいという先入観があり、また実際に読んでみても理解しがたいとは思いませんか? 日本の哲学の本を青空文庫かなんかで読まないといけないですね。

とりあえず、このLe Mondeの記事でもきちんと読むことにします。

A demain !

スポンサーサイト

6月5回の30日火曜日はお休みです

Bonjour !

来週の6月30日は5回めなので、サークルはお休みです。
次回は7月7日火曜日10時からです。
もう半年が過ぎてしまいました。
Le temps passe vite ! Et la vie est courte !

そんな思いにぴったりの歌、金子由香利さんの「時は過ぎてゆく」です。
原曲は、ジョルジュ・ムスタキのC'est trop tardです。

https://www.youtube.com/watch?v=zHCDzGHBz5Q

A lundi !








クリストフ・ガルファール氏のビデオを字幕つきで見る

Bonjour !

以前に紹介しましたクリストフ・ガルファール氏のビデオ、Le Pointの記事では字幕なしでしたが、これを字幕つきで見る方法を紹介します。
Youtubeで同じビデオを探しました。

https://www.youtube.com/watch?v=OsmIEnPORSA

右下すみにある5つのアイコンのうちの、字幕を入れるアイコンをクリックすると字幕つきになります。この字幕をつける機能、以前に利用したときは、使いものにならなかったのですが、いまこのビデオに字幕を入れると、かなりいい線をいってます。といっても、100%正確ではありませんので、ご注意ください。 「さてパリをしばし離れ、一人砂浜で空を見上げているとします。人間はすでに宇宙を征服し、宇宙のいたる所に友達がいる時代になって、その友達に電話をかけるのです。最初は一番近い月にいる友達にかけますが、声が月まで届くのに1秒なので、返事が戻ってくるまでに2秒かかります。次は太陽の近くにいる友達に電話します。そこまでは8分30秒かかるので、返事が戻ってくるまでに17分です。さらに次は、太陽から一番近い恒星にいる友達に電話をかけると、そこまでは4光年なので、往復で8年です。だから、携帯電話の契約をかけ放題にするのが大切なんですよ(笑)」 こんな風にわかりやすく、宇宙の話をしてくれています。

Bon dimanche !

UberPopに対する激しい抗議デモ

Bonsoir !

フランスのUberPopに対する、タクシー業者の抗議デモ、激しいですね。
25日のTF1 JT20Hを見てみました。

http://lci.tf1.fr/jt-20h/videos/2015/le-20-heures-du-25-juin-2015-8624036.html

このUberアプリ、スマホから手軽にタクシーを呼べ、料金も安いそうです。
CDG空港でもタクシーには乗れないみたいです。
特にUberPopは、学生、失業者などが営業許可をもたずに、普通の乗用車で、カーシェリングの形でお客を乗せるようです。
最先端のIT技術がこういう仕組みを可能にし、従来のタクシー運転手が生業を脅かされ、怒っているということでしょうか。
Uberを使用したことがないので何とも言えないですが、Google Playで探したら、Uberというアプリありましたから、東京とか使用できるんでしょうね。

Bon week-end !

OGM子羊が市場で販売された事件続き

Bonjour !

3日前に書いた研究用の遺伝子組換えの子羊が販売された事件、その後どうなったか気になっていましたが、Le Parisienの記事を読むことができましたので、やや詳しく分かりました。

http://www.leparisien.fr/faits-divers/la-folle-histoire-du-mouton-ogm-23-06-2015-4885599.php

医療の研究用としてクラゲの緑色蛍光タンパク質をもつ雌の子羊(Emeraude)が2010年に生まれ、この子羊からさらに何頭かの子羊が生まれましたが、問題のRubisという子羊は2014年春に生まれました。その数ヶ月後に、考えられないことが起きたのでした。INRAのうちのl'Unité commune d'expérimentation animale (UECA)、つまり実験用動物部門の羊とヤギの飼育係をしていたPaulがRubisを他の健全な動物と一緒に屠殺場に送る手配を進めてしまい、その飼育班のリーダーAntoineはそれを知らずに書類に署名してしまったのです。このリーダーはその後、Rubisがいないのに気づいて不安になりましたが、二人はこのことについてしばらく黙っていました。Paulはその子羊が販売された1週間後の2014年11月5日にようやくUECAのディレクターに事実を報告しました。内部調査によれば、Paulは上司のAntoineとの関係が悪く、上司を陥れようとした意図的な行為だという可能性があるそうです。
INRAのBenoît Malpaux所長は、« Bien qu'elle n'aurait jamais dû être mise sur le marché, Rubis ne présente pas de risques sanitaires à la consommation. 「市場に出されるなど絶対に起きてはならないことですが、Rubisは消費されたとしても健康上のリスクはありません」と語っています。

Bon week-end !

Uber対するタクシー業者のスト

Bonjour !

1日に1記事にするつもりでしたが、Webラジオを聞いていると、Uberというタクシー配車サービスが大きな問題になっているようなので、これについて取り上げます。タクシーはあまり乗らないので、このUberというサービス、使ったことがないのですが、日本にも昨年上陸したようで、カリフォルニアの企業です。
このUberに対しての怒りを表明するために、木曜日にパリのタクシー運転手が大規模なストを展開するそうです。パリだけではなく、フランスの大都市でもストが起きているみたいです。詳細はまだこれから読みます。フランスは本当にストが多いですが、タクシーがストになると困る旅行者も多いでしょうね。これから旅行される方は、タクシーのストにご注意ください。

http://www.metronews.fr/paris/manifestation-de-taxis-jeudi-a-paris-nos-conseils-pour-eviter-les-bouchons/mofx!pSfxsLegV4Nbk/

A demain !

コメディ・ミュジカル-Le roi soleil(太陽王)

Bonjour !

今日はYoutubeで手近に楽しめるミュージカル「Le roi soleil(太陽王)」です。太陽王というのはご存知のように、あのヴェルサイユ宮殿を建築したルイ14世(1638年9月5日 - 1715年9月1日)のことですが、このミュージカルは2005年9月パリ初公演、2007年7月までパリ、ベルギー、スイスで公演されました。日本でも昨年、宝塚が公演しました。フランスというとヴェルサイユ宮殿に行かれる方も多いですから、こういうミュージカルで少し歴史的な知識を頭に入れておくと、より楽しめるのではないかと思います。ミュージカルは舞台公演を見るのがベストでしょうが、フランス語の場合は内容をよく分かるためには、このYoutubeでストーリーを追い、歌詞を理解し、じっくりと見るのもいいですね。
オープニングのヴェルサイユ序曲(Prélude versaillais)のあと、モリエールが登場し、劇場がのきなみ閉鎖され、自分の演劇の公演が中止になったことを嘆きます。フロンドの乱が発生したのです。まだ幼いルイ14世は母親とパリから逃れ、マザラン卿と合流し、サン=ジェルマン=アン=レー城へ避難せざるを得なくなりました。次の歌は、フロンドの乱の歌、Contre ceux d'en haut、革命の血をかきたてるような軽快なテンポの歌です。以下、次々と歌でストーリーが展開されていきます。主な出演者は、Louis XIV : Emmanuel Moire、Monsieur, le frère du Roi : Christophe Maéです。このクリストフ・マエ、舞台ではひときわ精彩を放ち、歌も踊りもすばらしいです。歌はどれも、歌いやすく、内容もわかりやすいです。Youtubeで約2時間、じっくりとご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Tvxelf86n0g

https://madameshackelford.wikispaces.com/file/view/Paroles+Le+Roi+Soleil.pdf

A demain !

ジョニー・デップが南仏の家を売家に

Bonjour !

今日は何のニュースがいいか探していたら、Johnny Depp vend sa maison du Var, découvrez-la de l'intérieur(ジョニー・デップ、Var県の家を売りに出す、内部をご覧ください)という記事が目につきました。15ヘクタールの敷地に建物面積1000平方メートルというと、日本の一戸建ての8倍くらいですか。お値段もさぞ高いだろうと思ったら、なんと 2万3千ユーロ(la modique somme de 23 000 euros)だそうです。安くないですか、この広さにしては。日本円で322万円? 計算間違いではないですよね。

http://lci.tf1.fr/videos/2015/johnny-depp-vend-sa-maison-du-var-decouvrez-la-de-l-interieur-8623906.html

A demain !

クラゲの緑色蛍光タンパク質をもつOGM子羊が商業市場で販売される

Bonjour

今日のサークルは事情があってお休みとなりました。

目新しいニュースは、Le Parisienが発表した記事です。
フランス国立農業研究所(INRA)によって遺伝子組み換えされ、クラゲの緑色蛍光タンパク質をもつ子羊が食肉市場で販売されたというもの。いったい、何の手違いで研究用のそんな子羊が、商業市場に出回ったのか驚きますね。
詳しく読みますと、2010年に心臓移植のために研究用としてクラゲの緑色蛍光タンパク質(GPF)をもつ遺伝子組み換えの雌子羊が生まれたそうです。この羊が2014年春にRubisと名づけられた子羊を生み、この子羊が2014年11月に人間のミスによって健全な動物が送られる屠殺場に送られてしまい、これがイルドフランスに住む個人によって購入されたということです。個人によって購入された場合には、その買主を追跡するのは困難だろうと。
INRAはこの肉を食べたとしても健康上のリスクはないであろうといい、内部での調査を進めているそうです。

国立研究所でもこんな手違いが起きるとは驚きですね。
それも遺伝子組み換えの食品に対して、根強い反対運動のあるフランスでです。

スクープしたのはLe Parisienですが、そこの記事は一部しか読めず、全部読もうとしたら有料でしたので、Le Mondeの記事です。

http://www.lemonde.fr/planete/article/2015/06/23/un-mouton-genetiquement-modifie-s-est-retrouve-dans-la-chaine-alim,entaire_4659559_3244.html

注: OGMとはles organismes génétiquement modifiésの略語で、遺伝子組み換えの生物の意味で、英語ではGMOとなります。

A demain !









失われた少年(Little boy lost)(1953)

Bonjour !

前に紹介した「Little Boy Lost(1953)」は、日本では「失われた少年」という題で、今から60年前の1955年に上映されたようです。その後、どこかの映画館またはテレビで再放映されたかどうか不明ですが、Youtubeで見た限り、とてもいい映画ですので、少し詳しく取り上げたいと思います。Youtubeの動画は字幕なしの英語ですが、舞台がパリなので、ときどき日常的なフランス語も混じっています。「私の心はバイオリン」は、映画が始まってまもなく、5:95と18:00あたりで歌われます。

まずストーリーから(Weblioからの引用)
「第2次大戦の始まる直前アメリカの従軍記者としてパリにいたビル・ウェインライト(ビング・クロスビー)はパリジェンヌのリザ・ガレット(ニコール・モーリー)と結婚した。戦争が激化してドイツ軍がパリに押しよせたとき、ビルはパリを去らねばならなくなり、リザを残してロンドンへ行った。そして、やがてリザが地下運動中ナチに捕らえられ、死刑になったと知った。パリが連合軍の手中に戻ってからビルはリザと彼との間に生まれた男の子を探すためパリを訪れた。旧友ピエエル(クロード・ドーファン)の紹介で、ビルは、戦争中子供たちをかくまったという女性キイユブウフを訪れ、彼女から郊外の孤児院にいるジャンという少年がビルの子らしいと教えられた。早速ビルは孤児院に行き、教母に勧めらてジャン(クリスチャン・フォーカード)を引き取った。そして昔の記憶を辿って父と子のつながりを呼び戻そうといろいろの努力をしたが、神経質な戦災孤児ジャンは少しも反応をみせなかった。ビルは失望してジャンを孤児院に返した。その後、射的の賞品に当った犬のおもちゃを別に深い意味もなく孤児院のジャンに送ったが、それはリザが生存中赤ん坊のジャンに与えたおもちゃと同じものだった。ビルはそのことを忘れていたのだが、アメリカへ帰ることになって挨拶に孤児院に寄ったとき、犬をしっかり抱きしめているジャンを見いだした。そして、ジャンがわが子であることをはっきり知った」
補足ですが、「私の心はバイオリン」という歌は、リザがレジスタンスの同志に送っていた暗号メッセージだったというのですが、心はsupply trainを意味し、バイオリンはdestroyを意味するという説明があります。つまり、この歌を歌うことで、物資供給列車を破壊せよ、というメッセージを送っていたのです。

Little Boy Lost * BING CROSBY * 1953 *

https://www.youtube.com/watch?v=7Gyj7R2HmUo

このジャンを演じた子役は、Christian Fourcade(クリスチャン・フゥルカード)という人ですが、1942年4月22日、フランスのウ゛ァンセンヌに生まれ、このあとLes Misérables(1958)とCrainquebille(1954)、その他何本かの映画に出演しています。5才から映画に出て、この少年を演じたときが10才、生存されているとしたら72才ですね。1961年以後の映画出演の記録がまったくないという謎につつまれた俳優です。
フランス語のwikipediaに出演した映画がリストアップされていました。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Christian_Fourcade

英語だけで難しいかもしれませんが、このストーリーを参考に、ぜひこの映画をご覧ください。

A demain !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター