フランスの灯台とフレネル

Bonjour !

少し数学の復習をしていたところ、フレネル積分なるものに出くわしました。これを考えだしたのはAugustin-Jean Fresnel(1788-1827)という科学者で、少し調べてみました。当時の人は、才能があるのに早死ですね、39才で結核で亡くなっています。
この人は光学の研究もし、フレネル・レンズなるものを発明し、これがフランスの全灯台に装備され、フレネルの胸像が置かれているそうです。39才で亡くなった後も、その発明した光で世界を照らし続けているというのは、いい話ですね。フランス語版の全作品なるものもダウンロードできます。

"A Short Bright Flash: Augustin Fresnel and the Birth of the Modern Lighthouse"
by Theresa Levitt

「灯台の光はなぜ遠くまで届くのか-時代を変えたフレネル・レンズの軌跡」(ブルーバックス) 新書 – 2015/10/21
テレサ・レヴィット (著), 岡田 好惠 (翻訳)  1166円

A bientôt !
スポンサーサイト

Tous Cobayes ! (食卓の不都合な真実)

Bonjour !

グリホサートの残留基準値の大幅緩和は、国民の健康を脅かす重大な問題です。
世界的には禁止する国も多く、問題視している国も多いなか、なぜ日本が逆行するのでしょうか。
この農薬の危険性の一端でも知ったなら、大幅緩和というのはあり得ないことです。

ということで、前に紹介した映画「Tous Cobayes?(世界が食べられなくなる日」の元になっている本,
"Tous Cobayes ! "を取り上げます。訳書が出ています。

食卓の不都合な真実―健康と環境を破壊する遺伝子組み換え作物・農薬と巨大バイオ企業の闇 2014/8/28
ジル=エリック・セラリーニ (著), 中原毅志 (翻訳)  2592円

このフランス語版を入手しましたので、読んでみようと思います。

この本の著者ジル=エリック・セラリーニ氏の英語の論文もありますので、
そちらも参考になります。一度、撤回させられて、再度掲載されたようです。
タイトルは、"Republished study: long-term toxicity of a Roundup herbicide and a Roundup-tolerantgenetically modified maize"です。

https://enveurope.springeropen.com/articles/10.1186/s12302-014-0014-5

A la prochaine !



田園交響曲(La Symphonie Pastrale)

Bonjour !

1カ月以上更新しないと、広告が表示されるみたいですね。
それで何か書かねばと、いうところです。

家の片付けをしていて、見つけたのが大学時代の仏語のテキストでした。
アンドレ・ジイドの田園交響曲(La Symphonie Pastrale)のExtraitで、本文が61ページ、注釈が19ページの薄い本です。
今から思うに、2年めでこんな難しい本を読まされたんだ、分からなくて当たり前だというのが正直な感想です。
フランス語は楽しいというより、難しいという固定観念をもってしまいそうです。
このテキストについては、ほとんど何も覚えていない気がします。内容自体が難しいし、フランス語自体もなかなか難解です。

17ページの中ほどに、「テストここまで」とメモ書きがありました。
当時の語学のテストは、指定の範囲から抜粋した節が2題くらい出題され、次の文章を和訳せよ、というもの。
英語のテストも同じ、独語のテストも同じでしたね。
だいたいの意味を訳することができたら合格点です。一度、講義で和訳していますから、ストーリの筋書きは分かっているので、
語学のテストはほとんど苦労しなかったですね。

もう一度、読み返してみようと思ったものの、最初の2、3ページでお手あげでした。
現在の大学の一般教養の語学は、かなり変化しているでしょうね。

A la prochaine !

マイケル・ジャクソンとマルティーヌの関係

Bonjour !

Webラジオを聞いていて、ちょっと意外な話を知りました。
マルセル・マルリエという名前が何度も出てきて、さらにマイケル・ジャクソンの名前も何度も出てきて、いったいどういう関係なのかと興味を惹かれました。マルセル・マルリエというのは、これまで取り上げた絵本マルティーヌ・シリーズの挿絵を描いたベルギー人なのです。タンタンと並んで、このマルティーヌの絵本は根強いファンがあります。私もこのシリーズはほとんど全部もっています。その挿絵を見ていると、とても可愛いので、本を読んでみたくなるのです。最近の絵本にはない、ちょっとレトロな雰囲気があります。男性がこんな挿絵を描けるというのも不思議です。

意外な話というのは、マイケル・ジャクソンがそのマルティーヌに魅せられ、ヨーロッパに滞在した折に、マルリエ夫妻をパリに招待し、マルティーヌ・シリーズのオリジナルを買いたいと申し出たという話です。あのポップスのキングことはマイケル・ジャクソンとマルティーヌという何とも意外な取り合わせには驚きます。この申し出はどうなったかというと、マルリエ氏はこの申し出を丁重に辞退し、代わりにマイケル・ジャクソンの似顔絵をクレヨンで描き、プレゼントしたそうです。

詳しくはLe Point の記事を

http://www.lepoint.fr/culture/marlier-le-dessinateur-de-martine-apprecie-de-michael-jackson-a-80-ans-17-11-2010-1263328_3.php#

Bon dimanche !

カルノーサイクル

Bonsoir !

大統領選も明後日にせまりましたが、そのニュースは他にもいっぱいありますので、

今日は最近読み出した論文についてです。

タイトルは、"RÉFLEXIONS PUISSANCE MOTRICE DU SUR LES MACHINES"、著者はニコラ・レオナール・サディ・カルノー(Nicolas Léonard Sadi Carnot、1796年6月1日 パリ - 1832年8月24日 パリ、満36歳没)

理工系の方ならすぐに分かるほどの有名人です。

有名なカルノーサイクルについての論文で、1824年発表つまりは200年前のフランス語なんですが、読み出して、その論理的に明晰な文章にはとても驚きました。200年前の日本語なら、たぶんチンプンカンプンだろうと思います。今までのところ、とても分かりやすいです。

何でこんな論文を読む気になったのかというと、エントロピーについての米沢さん訳の本を読んでいたら、このカルノーサイクルが出てきまして、原文を読んでみたくなりました。こういう論文を簡単に読めるようになったのもインターネットの恩恵ですね。

邦訳が出ていますので、日本語のほうがいい方はそちらをどうぞ。

カルノー・熱機関の研究 単行本 – 1973/12/1 みすず書房
サヂ・カルノー (著),  広重 徹 (翻訳)  \3240円


A la prochaine !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター