ダン・ブラウンの新作"Origin"

こんにちは

フランス語も続けていますが、英語のほうはダン・ブラウンの新作"Origin"を読んでいます。
この作品の舞台は、スペインのビルバオのグッゲンハイム美術館で、たまにブダペストが出てきます。
グッゲンハイム美術館が初めてニュースになった頃は、Newsweekをまめに読んでいて、その奇抜な建物を写真で見たとき、
何ともいえない拒絶感があって、詳しく読まなかったのですが、この小説で色々な作品が紹介されているのを読むと、行ってみたくなります。会話にはスペイン語の断片が出てきますが、ロマンス語族は何となく意味を推測できますね。
この新作、なかなか先に進みません。登場人物のエドモンド・カーシュが宗教というものを完全に崩壊させるという科学的大発見を発表するという話が延々と続き、その発表の会場がグッゲンハイム美術館なのですが、なかなか発表に至りません。科学と宗教の対立というテーマなのかどうか、今のところ先に進むだけの迫力に欠けるような気もします。
まだほんの序の口ですが、一気に読み終えるのは難しそう。
フランス語のほうの記事もまた書くつもりいますが、いろいろと多忙なこともあり、なかなか書けません。

ではまた

スポンサーサイト

ロスト・シンボル

こんにちは

ダン・ブラウン氏の作品はこれで4つめ、第三作めの「ロスト・シンボル」です。
英語版をキンドルに入れ、日本語版を図書館で借りました。
この作品はこれまでの3つの作品に比べると、次のページに進むのがやや大変でしたね。
舞台はワシントンD.C、連邦議会議事堂、スミソニアン博物館、ワシントン・モニュメント、その他の建物が出てきますので、
このあたりに詳しい方はたぶん興味をもてるかもしれません。
テーマはフリー・メイソンで、フリー・メイソンに代々伝わるピラミッドとその冠石に刻まれている暗号を解読しつつ、
フリー・メイソンの古の神秘を手に入れるという筋書きです。

暗号解読の部分はなかなか興味深く、アルブレヒト・デューラーの「メランコリア」という作品に描かれている魔法陣が解読の鍵となったりします。これは4X4でわりあい簡単ですが縦横斜めが合計39になるだけではなく、4つの正方形のどれもが合計39になるという点が特殊だそうです。後のほうで8X8というさらに複雑な魔法陣が出てきます。ベンジャミン・フランクリンの魔法陣で、行と列の合計が260になります。こういうのを考え出すというのは、天才ですね。

それから他に興味を引かれたのは、登場人物のキャサリンという女性研究者が取り組んでいる純粋知性科学(noetic sciences)という分野ですね。意識や思考や魂には質量があるということを主張しています。大勢の人々が何か一つのことに意識を集中すれば、それが影響力をもつそうで、リン・マクタガートの著書などがこの分野のものです。
さらにもうひとつ、完全液体呼吸 (total liquid ventilation, TLV) という新しい技術が出てきます。この辺から面白くなってきますが、ネタバレしますのでこのくらいで。

ではまた

ダン・ブラウンのインフェルノ

こんにちは

ダン・ブラウン氏の作品、これで3作めになります。
今回は英語版"Inferno"をペーパーホワイトに入れ、図書館で日本語版を借りてきました。
電子版はやはりパソコンよりはキンドルで読むのが目に楽ですね。

この「インフェルノ」は、イタリアのフィレンツェが舞台で、ダンテの「神曲」が出てきます。
この人の作品はサスペンスとはいえ、観光名所、文学作品、美術や彫刻、歴史などが出てきて、とても面白いです。
この作品にもイタリア語がちらほら出てきますが、簡単な会話なので問題なしです。

まだ読み始めたばかりですが、サンドロ・ボッティチェッリの「地獄の見取り図」という作品が出てきて、
ネットで探して見てしまいました。ボッティチェッリはビーナスだけで゜はなく、こんな作品も描いていたのですね。
謎の組織が、大機構(Consortium)と訳されているのに違和感ありですが、石油輸出機構というのもあるから、まあいいことにしますか。コンピュータ関係の組織でも、コンソーシアムはもう一般的な言い方ですけどね。
あまり書くとネタバレになりますので、これくらいで。

ではまた



アーベルとその時代(Niels Henrik Abel and his Times)

こんにちは

このところ理由もあり、英語の読書が続いています。

この本は10年以上も前にある翻訳オーディションの課題となり、応募しようと思いたち買ったのですが、
なかなか読みきれず、本棚に眠っていました。ですから、邦訳はもちろん出版されています、

アーベルはノルウェーが生んだ天才数学者で、27才という若さで結核でなくなりましたが、死後も銅像が建てられたり、アーベル賞という賞が創設されたり、死後になってその発表した論文の価値がようやく世間に評価されたという悲運の天才です。

GallicaでAbelの名前で検索すると、その全研究論文が見つかりましたが、それには難しい数式がずらずらと続きます。
とても普通の人には理解できそうもありません。アーベルの論文の価値がもっと早く認められ、母国の大学に地位が得られていたら、毎日の生活の心配なく、もっと数学の研究に没頭でき、あと50年くらい長生きしていれば、どれだけ多くの数学的貢献がなされたかと思うと残念ですね。ノルウェーの片田舎にどうして、こんな数学の天才が現れたのかというのも謎ですが。

ではまた

ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)読了

こんにちは

年末年始って、いろいろ雑事が増えるもので、すっかりサボってしまいました。

2017年もまた細々と続けたいですが、どうなるか分かりません。

さて、昨年から読み始めた英語のダ・ヴィンチ・コードは、読了しました。

暗号解読の面白さと同時に、キリスト教の歴史や英仏の観光名所が出てきて、なかなか楽しかったです。

これは絶対に原書の英語で読むべきです。フランス語の文や単語もあちこちに出てきます。

観光地として興味を惹かれたのは、ロンドンのテンプル教会とエディンバラ南にあるロスリン・チャペルですね。

この次の英語の本は、本棚に眠っていた本を取り上げます。

ではまた






プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター