FC2ブログ

初収穫のビーツでボルシチ

こんにちは

またまた広告が表示されてしまいました。
今日は一日雨降りで、外に出ませんでした。

写真は、初めて栽培した、初収穫のビーツです。
初収穫なので、記念にまともに料理することにしました。
ビーツというと何と言ってもまずホルシチです。
レシピを調べて悪戦苦闘しながら、雨降りの一日をボルシチ作りに過ごしました。
ビーツの赤い色がとてもきれいです。茎も赤いので、茎も刻んで入れました。

ビーツ

さて、出来上がり、お皿に盛って、サワークリームを飾ると、何となく恰好がつき、美味しそうです。
他に緑のディルを飾るとありましたが、ないので省略。
食べた感想は、ビーツってかすかな甘味があって、タマネギもニンジンも甘いので、全体的に甘味があります。
それがサワークリームの酸味とよく合いますね。
自分で栽培したビーツなので、感慨深く、よく味わって食べました。
ビーツがやや小さめなので、赤みが少し足りないかも。
材料のニンニクとタマネギも自家栽培です。


ボルシチ

スポンサーサイト



いま植えている野菜

こんにちは
今日は雨の予報なので、在宅です。
いま畑で栽培しているものを紹介します。自家消費なので、少量多種類です。

ニンニク、最近の真夏日の暑さで倒れてきたので、収穫したほうがいいかも。普通なら、これから球が肥大する時期なのに、残念です。
ジャガイモは男爵とキタアカリ、どうも葉の成長がよくないのと畝幅が狭すぎたのですが、芋は茎になることを知ったので、土寄せと追肥はきちんとすることにしました。
ネギはたくさん植えていて、根を残して収穫し、また新しく生えてくるようにしています。
カボチャの種は畑の端のほうにたくさんまき、外に向けてツルを伸ばすつもりです。カボチャは簡単に発芽し、生育しますが、美味しいカボチャをたくさん作ることが目下の課題です。
オクラも種をまき、ぼつぼと発芽しはじめました。
頂いた苗として、ミトマト4株、ピーマン3株、花が咲だし、実ができ始めました。追肥をしておきましたが、これも美味しい実をたくさん収穫することが難しいのと、伸びるつれ支柱を立てるのがうまくできない、というか面倒。
ナス3株はJAの店で買い、花が咲き、実をつけ始めました。ナスも美味しい実をたくさん採るのが難しいですね。
ミズナは種1袋をまいたのが、順調に生育し、収穫できる高さにまでなりました。
ホウレンソウは種をまきましたが、生育が悪く、もう花が咲きはじめたので、小さいまま収穫するつもり。原因は肥料不足か土壌が酸性すぎるか、耕し足りないか、そんなところでしょうか。
バジル2ポットを隣の方に頂き、これを挿し木で増やそうとしています。同じく、野生のミツバも5株もらったのですが、うまく根づいたので、これも増やしていきたい。アピオスの芽が出たのも2株もらいましたので、植えたばかりです。
ハヤトウリ2個は、通り道の方にもらいましたので、これをツルをつたわすために木の近くに植えました。毎年、秋に種用に頂くのですが、春までカビたりして、うまく保存できなくて失敗ばかりです。今年こそ、無事に発芽、生育し、たくさん実がなるといいのですが。
小カブは種1袋をまき、そろそろ収穫どきかなと思いますが、まだ大きくなるのか様子眺めです。
ダイコンは春まきの種1袋まいたのが、5~6本しか育っていないです。もっとたくさん蒔けばよかった。
イチゴは植えっぱなしで世話をしないので、実がつき始めましたが、まあ飾りみたいな程度です。
ミョウガは昨年もらって植えたのが、地上部は冬に枯れてしまいましたが、芽のようなものが出てきて復活するかも。
食べるホウズキは、昨年のこぼれ種から1本だけ生えてきて、ツルを伸ばし始めています。未熟果だったのを乾燥させて、わざわざ蒔いたのは芽が出てこなかったですね。今年は完熟させて、採種したいです。
六条麦は、一昨年に麦茶を作るためにもらった麦穂を種まきしたのですが、うまく育たず、あきらめたのが今年になって、いつのまにかニンニクの間にこぼれ種から5~6本生育し、元気そうなので、これをまた種用にします。アカトウガラシ2株はホームセンターで買って植え、追肥をして゛生育中です。
ニンジンも種をまいたのですが、これは発芽させるのも難しいし、育っても商品のような立派なのはできず、とても細いニンジンしかできないです。葉は立派なんですけど。これも今後の課題です。
家でポットにズッキーニの株6つと、地這いキュウリの株8つが生育中で、もう少ししたら畑に植えます。
黒仙石大豆は昨年に収穫し、種用にとっておいたのを、畑に直まきしましたが、無事に発芽するかどうか。
ローゼルは野菜ブログの方に一昨年もらった残りを、直まきしました。無事に発芽しますように。昨年育てたのから採種したかったのですが、台風で倒れ、未熟果で収穫したので、いい種を採できませんでした。これはジャムにすると、とても綺麗な色になります。
背丈がかなり高くなるので、場所を考えないと、他の野菜が日陰になってしまいます。
サトイモ7個は食用のが芽が出てしまったので、いちおう植えてみることにしました。
これ以外に、町の栽培教室で、タマネギ、ジャガイモ、サトイモを栽培しています。昨年はもち米栽培にも参加したのですが、体力的に今年はやめるかも。穀類は保存がきいて便利な保存食なんですけどね。
それから、畑の周辺に毎年フキがたくさん生え、持主の方が植えた梅の樹は梅の実が大きくなりつつあります。
果樹があると実が採種できていいですね。柑橘類を植えたいのですが、気候的には無理かも。

これくらいかな、まだ二三、忘れている野菜があるかも。
そうそうワケギも何株か植えていますが、もう倒伏してしまいました。球を掘りあげ保存です。
ニラとアスパラガスも、畑の持主が植えた残りが生えていますが、世話しないので生育はいまいち。
赤ジソと青ジソも最初にもらって植えたのが、毎年こぼれ種で勝手に生えてきます。



語学の息抜きに

こんにちは

何年か前まで、毎朝ウォーキングをしていましたが、目的があったほうがいいかと、数年前より畑を借りて、そこまで徒歩か自転車で行って、野菜づくりに手を染めています。それまで野菜など育てたことはゼロですから、それはもう失敗続きです。かつて訳した本で、福岡正信氏の「わら一本の革命」という本が紹介されていて、こういう農業の仕方もあるのだと感心しました。いわゆる自然農法と言われていますが、自然農法にもいろいろな流派があるようです。その本のことも覚えていたので、あまり手をかけず、自然の力を借りて、野菜を作れたらいいなぐらいで始めました。最初に借りたときは、何を植えたらいいか見当がつかなかったので、あるSNSで質問したり、知人に話をしたりしました。そして、まずミニトマトとシシトウ、トウガラシの苗を買って植えました。知人が、ナスの苗と赤シソと青シソの苗をくれたので、それも植えました。肥料なんて何をまいていいか分からず、何もしないでそのまま植えました。それでも、花が咲き、実がなりましたね。野菜というのは、こんな風にできるのかと納得しました。それから、いちおういろんな苗を植えましたが、どれもあまり成功とは言えないです。サツマイモ、ゴマ、オクラ、モロヘイヤ、ピーマン、ジャガイモ、ホウレンソウ、ズッキーニ、地這いキュウリ、ネギ、カボチャ、タマネギ、ダイコン、ハツカ大根、ブロッコリー、シュンギク、ノラボウナ、ニンジン、ニラ、ワケギ、ラッキョウ、アスパラガス、タマネギ、コマツナ、ニンニク、小豆、黒千石大豆、ローゼル、ハヤトウリ、ゴーヤ、食用ホウズキ、などなど。おかげで、雑草と野菜の芽の区別は何とかつくようになりました。自然農法をするなら、雑草と野菜との区別が分かることが重要です。雑草との共存をめざして、そこに野菜の芽が出てくるわけですから。今後は、もう少しまともな野菜を作ることが目標です。肥料が大事なのかと思いますが、肥料をやると害虫が増える気もします。昨年、初めて植えたタマネギ、害虫にはやられなかったです。球が小さいことが難点でしたが。ところが、町のタマネギ栽培教室で作った人は、6割くらいは害虫にやられたと言っていたので驚きました。肥料が害虫を惹きつけるのか、よく分かりませんが。私の畑は雑草だらけで、雑草も肥料にしたり、地表面の乾燥防止に、利用しています。今年はニンニクをたくさん植えたので、無事に収穫できたら、それで黒ニンニクを作りたいと思っていますが、植えるのが少し早すぎた感もあり、うまく収穫できるか、まったく自信なしです。
夏は猛暑と蚊に悩まされ、冬は寒さと北風で外に出たくなくなりますが、それでも気候条件のいい日を選んでは、少しずつ学びつつ、食べ物を作れるというのは、何というか、自然の恵みで生きれる、みたいな満足感があります。といっても、まだまだ買うほうが多いのですが。


プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター