黒田記念館

Bonjour !

東京国立博物館の正門前の道路を左にまっすぐ行くと、黒田記念館があります。
1階と2階はカフェ、2階に黒田清輝氏の作品の展示室があり、今回は特別室が公開されていました(11月12日まで)。
よく知られているあまりにも有名な読書と湖畔、舞妓が展示されていました。さらに、ヌード作品であるため、目にすることが少ない「智・感・情」という作品も展示されていました。これはパリ万博で銀賞を受賞した作品だそうです。

黒田清輝というと美術の教科書には必ず作品が出てきますが、詳しい経歴を知らなかったのですが、東京外国語学校を経て18才から10年間(1884年から1893年まで)渡仏、フランスに留学していたというから驚きです。明治のこの同時代人に夏目漱石がいますが、漱石もやはりロンドン留学していますが、それよりもずっと早い時期になります。漱石は1900年9月8日に横浜を出て10月21日にパリ着、28日にロンドン着ですから、この時代にフランスに渡るには44日、約1月半かかったのです。
今では13時間くらいですから、100年あまりの間の技術の進歩にも驚きます。

ここの常設室の作品が前回とは変わっていたので聞いたところ、6週間ごとに展示替えが行われるそうです。
作品にはフランスの印象派ですか、その影響が強く感じられますね。
今回は有名な読書を紹介しておきます。

読書

Bon week-end !
スポンサーサイト

フランス人間国宝展

Bonjour !

東京国立博物館の表慶館で開催中のフランス人間国宝展(9月12日~11月26日)に行ってきました。
現在のフランスの13人の人間国宝(メートル・ダール/Maître d' Art)とまだ未認定の2人、計15人の作品200点ほどが展示されています。昼前に入館したので、来館者も少なく、とてもゆっくりと鑑賞できました。撮影禁止なので作品は紹介できませんが、詳しい説明は、公式サイトをご覧ください。

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1866

15人の作家さんの詳しい紹介もあります。
http://www.fr-treasures.jp/artists.html

個人的に楽しんだのは、華やかな傘と扇子の部屋でした。麦わら細工もとても精緻で、これが麦わらなのかと思うほどです。金銀細工もとても綺麗でした。この作品の1つが入場券に描かれているチューリップというグラスです。羽根細工もとてもユニークで、羽根で作られた花や蕾が本物みたいでした。全般的にどちららかというと重厚な作品が多いですね。
それぞれ独自の分野ですので、フランス語では何というのかキーワードを見つけてみました。

Jean Girel (ジャン・ジレル) 陶器 céramiste d'art
Serge AMORUSO (セルジュ・アモルソ) 皮細工 haute mproquinrie
Christian BONNET (クリスティアン・ボネ) 鼈甲細工  les montures en écaille
Roland Daraspe (ロラン・ダラスプ) 金銀細工 l'orfèvrerie
François-Xavier RICHARD (フランソワ=グザヴィエ・リシャール) 壁紙 papiers peints
Lison DE CAUNES (リゾン・ドゥ・コーヌ) 麦わら象嵌細工 marqueterie de paille
Nathanaël LE BERRE (ナタナエル・ル・ベール) 真鍮細工 sculpteur dinandier
Michel HEURTAULT (ミシェル・ウルトー) 傘  des parapluies et des ombrelles de luxe
Sylvain LE GUEN (シルヴァン・ル・グエン) 扇 artisan éventailliste
Pietro SEMINELLI (ピエトロ・セミネリ) 折り布 maître plisseur
Fanny BOUCHER (ファニー・ブーシェ) 銅版彫刻  l'Héliogravure
Laurent NOGUES (ロラン・ノグ) エンボス加工 gaufrage
Gérard DESQUAND (ジェラール・デカン) 紋章彫刻 graveur héraldiste
Nelly SAUNIER (ネリー・ソニエ) 羽根細工 Artiste plumassière
Emmanuel BARROIS(エマニュエル・バロワ) ガラス Verrier

A la prochaine !








 

インスタレーションElemental Detection

Bonjour !

師走になって、まだ1回も書いてなかったですね。
今日は日本のアートの紹介です。

いま開催中のさいたまトリエンナーレ2016、そのうち岩槻周辺で展示されているインスタレーションElemental Detection、とてもユニークな作品でした。そのインパクトはかなり強いです。11日で終了しますので、お時間があればぜひご見学ください。
特に夕方やや暗くなってから見学すれば、いっそう効果満点ではないかと思います。
岩槻駅東口より展示場所の旧民俗文化センターまで無料バス(15分)が出ています。

公式サイト

https://saitamatriennale.jp/information


作品について

https://saitamatriennale.jp/artist/308

フランスとは関係のない日本のアートの話題でした。

A la prochaine !



シチューキン・コレクション展

Bonjour !

ブローニューの森の中にあるルイ・ヴィトン美術館で、「現代美術のイコン: シチューキン・コレクション(Icônes de l'art moderne, la Collection Chtchoukin)展が開催されています。期間は本日10月22日から来年2月20日までの4カ月です。
有名な画家の傑作127点が展示されるそうです。ピカソ、マチス、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、ドガ、ゴッホ、ピサロ、ルノワール、ピサロなど、傑作ぞろいです。このシチューキン(1854-1936)という人物、これだけの作品を集めたというのは、相当な美術鑑識力の持ち主ですね。

このルイ・ヴィトン美術館は2014年10月27日オープン、その斬新な建築は人目をひき、パリの新しい観光スポットとなりつつあります。この期間中にパリを訪れる方は、この美術展を訪問する絶好のチャンスです。

アクセス、入場料などの詳細は公式サイトをご覧ください。
http://www.fondationlouisvuitton.fr/ja.html

ル・フィガロの記事ではそのうちの20点を紹介してくれています。
http://www.lefigaro.fr/arts-expositions/2016/10/21/03015-20161021ARTFIG00314-la-collection-chtchoukine-visite-privee-en-20-chefs-d-oeuvre.php


Bon dimanche !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター