テキサス州での医療事故

こんにちは

ラノステロール点眼薬の治験は2017年末から2018年始めの予定です。
今日のニュースは、アメリカのテキサス州での白内障手術の医療事故です。
周囲には手術で視力を回復された方がたくさいしますし、白内障の手術は日帰りででき、ある人に言わせれば「痛くも痒くもない」そうで、簡単に終わって、リスクも低いというのが一般の認識です。

それで知人からこのアメリカでの今年1月から2月の医療事故のことを聞いて、アメリカのように医療の進んだ国で、こんなに多人数の患者が視力を失うなんて、そんなことがあり得るのかと思い、少し調べてみました。

要約しますと、白内障の患者少なくとも43人が手術後に受けた抗生物質の硝子体内注射(intravitreal injection)によって、視力を失ったそうです。この注射をすると手術後に目薬をさす必要がなくなるそうで、dropless(目薬不要の)手術と呼ばれています。その症状はさまざまで、手術の1月後になって現れたケースもあるということです。


正確さを期するために、ダラス/ニュースの記事を引用します。

https://www.dallasnews.com/business/health-care/2017/04/27/patients-lose-vision-routine-cataract-surgeries-dallas-key-whitman-center

この医療事故に関して、米国食品医薬品局(FDA)は警告情報を発表し、引き続き調査中であるということです。
関係する製品は、Guardian社のトリアムシノロン(triamcinolone)とモキシフロキサシン(moxifloxacin)の混合製品だということです。

https://www.fda.gov/Drugs/DrugSafety/ucm569114.htm?source=govdelivery&utm_medium=email&utm_source=govdelivery

http://www.medscape.com/viewarticle/883576



スポンサーサイト

ペット用のラノステロール点眼薬

こんにちは

ペット用のラノステロール点眼薬がLanomaxとして発売されたことは、昨年に書きました。
そのときはOu of stock(在庫切れ)となっていましたが、いまはIn Stock(在庫あり)で販売されています。
販売されているのは、Amazon.comで、1本が99ドルと送料5.99ドル、約1万2千円です。
これは、Without a Phosphate or PBS(Phosphate-buffered saline)が無添加で、利用者からの強い要望に応えて開発されたもので、今年3月1日から販売されています。
レビューも1件ありますので、詳細はAmazon.comとFAQをご覧ください。
PBS添加された以前のLanomaxのレビューはもっと多数あったのですが、PBS無添加になったため、以前のレビューはなくなっていますが、その一部がアマゾン・カナダにありました。以前の製品に関するレビューですが、何かの参考になるかもしれません。
新しいPBS無添加の製品についてのレビューは、今後増えることを期待したいと思います。
ただし、これは人間用ではなく、犬や猫などのペット用ですので、ご注意ください。

PBS(Phosphate-buffered saline)とは
リン酸塩緩衝液食塩水と訳され、ほとんどの点眼薬に添加されているものですが、角膜石灰化などの問題が報告されたことから、EMAが評価を行い、その報告がありましたので、詳しくはその報告をご覧ください。要するに、PBSが問題を起こすので、これなしの点眼薬が開発されたということです。

医薬品安全性情報Vol.11No.02
この8ページ

http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly11/02130117.pdf




ラノマックス点眼薬

こんばんは !

フランス語とはまったく関係のない白内障の話題です。
数ケ月前に販売が開始された犬用の白内障の点眼薬ラノマックスですが、現在もずっとOut of stockとなっています。
ただ、この点眼薬についていろんな意見がやりとりされている英語のサイトがありましたので読んでみました。
ある人は犬にこの点眼薬を使用したところ、悪い作用があったので、メールで問い合わせたが返事がないから、この点眼薬は使うなと書いています。使ってみて治療効果があったという報告はここにはないですね。在庫切れとなっているのは、売行きがよいという場合もありますが、逆の場合もあり得ますね。率直な意見が活発に交換されているサイトで、とても参考になります。

https://www.reddit.com/r/chemistry/comments/4thgy7/question_about_safety_of_certain_chemicals/

ではまた何か進展がありましたら、このカテゴリで書くことにします。

犬の白内障を治す点眼薬Lanomax®

Bonjour!

フランス語とはまったく関係ない話題ですが。
以前に紹介しました白内障を治すラノステロールを含む点眼薬、Lanomax® が先月に発売されました。これは犬用なので人間には使用できないそうです。飼い犬が白内障になって可哀想だから何とか治してやりたいと思われる方は、買って試してみるといいですね。もう少し様子をみて、本当に治ったという報告が何件も出てからのほうが、より安心ですが、そんなに待てないという場合もあるでしょうね。値段は1本が99ドル、これに送料がいります。支払いは、ペイパルです。もうすぐ米アマゾンでも買えるようになると書かれています。アマゾンだとクレジットカードが使えます。ただ、今は在庫切れとなっています。売れ行きがいいのでしょうね。
買ってみて、使用された方は、その結果を知らせてくださいね。

http://shop.lanomax.com/lanomax.html

A bientot !






ラノステロール点眼薬 Lanomax®

Bonsoir !

フランス語からはそれるのですが、前に紹介した犬の白内障が治ったというラノステロール点眼薬を調べていたら、このサイトを発見しました。このLanomax®というのがそうでしょうか。人間用にも早く販売されるといいですね。どこで買えるかという質問に、オンライン・ストアで販売されるようになると書かれています。治験をして、新薬の申請など法的な手続きを経ると、かなり時間がかかるのではないかと想像しますが、なるべく早く売り出してほしいですね。実際に売り出されたら、すごい薬だと思います。

http://www.lanomax.com/lanomax.html

A demain !
プロフィール

petitcedre

Author:petitcedre
フランス語サークル、パルレーを主催しています。
フランスとフランス語に興味のある方なら、どなたでも大歓迎です。
写真はヌメアのCroix-Rougeでのフランス語講座の光景です。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター